smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
profile
recommend
マジックソープ ベビーマイルド 236ml
マジックソープ ベビーマイルド 236ml (JUGEMレビュー »)

中年オトコが石鹸をオススメかよッ!!と言うなかれ。ワタシはコレをガロンボトルで買い込んでます。
映画検索
カスタム検索
  
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
★の数が意味するところ
★★★★★
生涯のベスト10を塗り替える勢い
★★★★
ブルーレイがでたら買うかも
★★★
観といて損はなかったかも
★★
別に観なくてもよかったかも

金はいいから時間返せ
bk1
new entries
categories
archives
recent comment
  • 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ?
    空中禁煙者 (01/23)
  • 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ?
    nk (01/22)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (07/04)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    台湾人 (07/03)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (07/02)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    台湾人 (07/01)
  • 「ザ・ライト エクソシストの真実」 コレで実話って言われてもなぁ、、、
    空中禁煙者 (06/29)
  • 「ザ・ライト エクソシストの真実」 コレで実話って言われてもなぁ、、、
    通りすがり (06/28)
  • 「ゼロの焦点」 中島みゆきのエンディング・テーマがビックリするくらい浮いている
    通りすがり☆ミ (12/08)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (06/03)
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

「カメラを止めるな!」 史上最も邦画界に愛された映画

 コレは恐れ入った。
 イロんな意味でまいりました。
 もちろん映画自体も素晴らしいのだが、この映画を取り巻く状況にちょっとヤラれた感が強い。

 

 御存知の通りこの映画は2018年の話題作であり、2018年の邦画を代表する映画と言ってもいいだろう。
 そんなものをこの2019年も押し詰まった12月に、ワタクシ空中さんはこの映画の実相にまったく気づくことなく鑑賞することができたのである。
 コレはスゴイことではないか(単にワタクシ空中さんのアンテナが低いだけだと言われればそれまでだが)。

 この映画は一般に宣伝・紹介されているジャンルとは全く違うジャンルの映画なのである。
 つまり、この映画を宣伝(は、まあある意味当然として)紹介するヒトたちは、これからこの映画を鑑賞するヒトたちが、ワタクシ空中さんのように、この映画について「間違った知識のママ」鑑賞できるように協力しているということだ。

 

 かつて、こんなに映画ファンに愛された映画があっただろうか。

 

 映画を鑑賞し始めて「38分後」。
 ワタクシ空中さんの頭上には大小さまざまな「?」が浮かんでいたに違いない。
 やがてそれらの「?」が消えた後、ワタクシ空中さんは完全に「虚を突かれた」。

 そして映画が終わったあと、正直ってワタクシ空中さんは少し感動していた。

 

 実を言うとワタクシ空中さんは映画を観て、「感動した」ことがない。
 世の中には映画といえば感動するために観るものだと思っているヒトもいて、別に映画観たって感動なんかしない、などと言おうものなら、
「じゃ、なんのために映画観るの?」
「ヒトの心がないの?」
「冷たいヒトなの?」
「冷血動物?」
「爬虫類?」
「ヘビ?」
などと散々な言われようだが、答えは簡単、「面白いから」観ているのである。
 別に感動しなくたって面白いものは面白いし、何より良くできた映画というものは、「映像の快感」みたいなものを持っているものだ。動画を見ていること自体が気持ちがいい瞬間というものは確かにある。
 宮崎駿が、自分の手でセルをパラパラめくりながら(1秒間に24コマめくる動きが手に染み付いているのだろう)、
「必ず気持ちのいい動きがあるはずだ」
といっていたアレだ。

 

 ところが、今回のように、完全に虚を突かれると、ワタクシ空中さんのような人間でも、いかにもヒトビトが感動しそうなテーマでてもなく感動してしまう、ということが解った。
 自分のことが少し解った、というだけでも観てよかった。

 

 そんなわけで、ワタクシ空中さんもこの映画について多くは語るまい、と思う。
 ま、町山智浩氏の「三谷幸喜みたいな映画を作ろうとしたら、三谷幸喜より面白くなってしまった」という評以上に的確な言葉を持たない(コレもいい加減ネタバレっぽいが)。

 

 願わくば、一人でも多くのヒトが虚を突かれませんことを。

JUGEMテーマ:映画

at 00:29, 空中禁煙者, 邦画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

「ミスター・ガラス」 アメコミが世界を変える奴を覚醒させるハナシ

  ちょっとシャマランの「レディ・イン・ザ・ウォーター」を思い出してみよう。
 アレは、「世界を救うヒトを覚醒させる本を書くヒトを覚醒させるために現れたオンナ」の話だった(しかもその「本を書くヒト」の役はシャマラン先生自身)。
 つまり、シャマラン先生は、「書物が世界を救うヒトを覚醒させる事があり得る」と思っているのだ。

 

 そして、「アンブレイカブル」「スプリット」と三部作をなす、シリーズ最新作にして最終話(多分)、「ミスター・ガラス」であります。
 作中しきりに「19年前の列車事故」が言及される。
 そうか、「アンブレイカブル」も19年前か、、、(つまり、映画の中と現実で同じ時間が流れている)
 そらオレも年取るはずだわ、、、
 なにしろ「アンブレイカブル」で小学生だったブルース・ウィリスの息子が、すっかり社会人になって親父の仕事を手伝ってたりする。奥さん亡くなってるし。

 

 そして、サミュエル・L・ジャクソン演ずるミスター・ガラスは可哀想にこの19年間医療刑務所に閉じ込められていたわけだ、、、

 

 そして本作は、「書物が世界を救うヒトを覚醒させること」つまり、「書物が世界を変える事がある」と考える、M・ナイト・シャマラン監督による、「アメコミが世界を変える」様を描いた映画なのだ。

 

 本作に出てくる三人の超人、アンブレイカブルなオトコ、デヴィッド・ダン(ブルース・ウィリ)、悪の天才ミスター・ガラス(サミュエル・L・ジャクソン)、23の人格を持つオトコが生み出した究極の悪、ビースト(ジェームズ・マカヴォイ)は、3人共アメコミの読者(ミスター・ガラスに至ってはアメコミ専門の書店の経営者だった)であり、自らの能力や活動にも、コミックからの影響があることが描かれている。
 つまり、彼ら三人はアメコミが生み出したのであり、アメコミが世界を変えるヒト(主に今回のタイトル・ロールのミスター・ガラス)を覚醒させたのだ。

 コレがシャマラン監督の答えなのだろう。

 

 「アンブレイカブル」から19年。
 ハリウッド映画ではアメコミ映画がハバを利かせている。
 しかしオマエらは本当にアメコミを愛しているのか。
 CG使って派手な映像観せときゃ客入ると思って作ってねーか?
 アメコミが、スーパーヒーローが、世界を変えるってこういうことじゃねーの?

 

 本作はシャマラン監督が初期作品で見せていた三題噺

 

「父子モノ」+「丁寧な演出でジャンル映画をひっくり返す」+「衝撃のオチ」

 

を久々にすべてクリアした作品でもある。
 精神科医が、三人とも一同に集めて
「あなた達は特殊能力者なんかじゃないの。
 あなた達のしてきたことは全て通常の能力として説明できるのよ」
と説得し始めるあたりはちょっとハラハラする。
「え?そっち?そっちに行くの?」
という感じ。
 観てる方も完全にこの精神科医の説得力に押されてしまう。

 

 但し、この精神科医が「アメリカン・ホラー・ストーリー」のサラ・ポールソン。
 やっぱり、「アメリカン・ホラー・ストーリー」みたいな役でした。


 久々にシャマラン映画を観たな、という気がして懐かしかった。
 シャマランとしても、20年越しで自分のやりたいことをやりきったな、という思いが伝わってくる。
が、正直言って「ヴィジット」のほうが面白かったかな、、、
 結局、日本人のこととてアメコミ全く興味ないしなぁ、、、

JUGEMテーマ:映画

at 00:30, 空中禁煙者, 洋画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

「ボヘミアン・ラプソディ」 フィクションとしてのフレディ・マーキュリー

 まず、フレディ以外の三人が似すぎ。
 ほとんど笑っちゃうレベル。
 遠目に三人並んで映ってたりすると、もう、本物にしか見えない。
 特にジョン・ディーコンは最初長髪で途中一回短髪になり、その後アフロにしちゃったりするタイミングも併せて異常な似かた。本人のカメオ出演ではないか、と疑いたくなる。

 

 同じ「ロックバンドの伝記映画」というジャンルに、オリバー・ストーンの「ドアーズ」があったが、アレはメンバーのルックスを似せる、という意味ではある程度諦めていた。ヘアスタイルさえ合わせてりゃ、あとは演技力でどうにかしてよ、みたいな。
 まあ、ドアーズは短命だったし、活動期間がミュージックビデオ流行のはるか以前なので、露出がクイーンと比べるとだいぶ少ない、という違いはあるが。

 

 その一方で時系列にオールドロックファンの記憶と違うところがあり、混乱させられる。
 例えば、ジョン・ディーコンの車を売って作り始めた(コレは知らなかった)ファーストアルバムで、歌入りの「輝ける七つの海」を録音しているが、歌入りの「輝ける七つの海」はセカンド・アルバムの曲で、ファーストではインストの短いヴァージョンだけである。
 更に最初のテレビ出演で「キラー・クイーン」を演っているが、「キラー・クイーン」は三枚目のアルバムの曲であり、最初のテレビ出演はそれこそ「輝ける七つの海」ではなかったか。なんか書いてて訳がわからなくなってきたし、、読んでる方もわけわからないだろうと思うとは思うが。

 さらに言えば、大喜びで初めてのアメリカツアーに出かけているが、最初のアメリカツアーはモット・ザ・フープルだかディープ・パープルだかの前座だったはずだが、その辺はバッサリ切られて、まるでメインアクトであるかのような演出がされている。

 

 これはつまり、「この映画は史実に忠実じゃありませんよ」ということだろう。
 「この映画はクイーン(というかフレディ・マーキュリーというオトコ)を題材にしたフィクションですよ」と言う覚悟で観ないと、イロイロ問題が発生してくる。

 

 意外なことだが、ブライアン、ロジャー、ジョンの三人があまりにもクリソツであることに比して、フレディが一番似ていない。
 フレディだけは見た目より演技力で選ばれているのだろう。
 ただ、口元をモゴモゴ動かす動きが、出っ歯を隠そうと格闘している動き、というよりは、馴染まない義歯を馴染まそうと格闘している動きに見えてしまうのは残念。
 「ワイドナショー」で松ちゃんが「あんなに出っ歯強調する必要ある?」と言っていたが、あの時代を知っているヒトは知っている。実物はもっと出っ歯なのである。

 

 そして、この映画のフレディは、我々の記憶にあるフレディと比べると、徹底的にナイーヴで、センシティブで、精神的にひ弱な人間として造形されている。
 身長も体格も、態度もか弱そうで、あの、自信満々で、ド厚かましそうなフレディとは思えない。
メンバー間での話し合いや、レコード会社との交渉場面では自信満々でド厚かましいが、それも三人のメンバーに甘えて、守られていて、初めてできる、という雰囲気を感じてしまう。
 メンバー三人だけで罵り合いを始めるが、大人らしく解決してしまう、というシーンが有るだけにそう感じてしまう(このシーンのシーン終わりのカッティングは素晴らしいと思う)。
 スタジオでのレコーディングで、あんなに堂々と、ヌケヌケと、「HEYHEYHEYYYYYY!!!」
などと叫べるヒトが、こんなに精神的にひ弱である筈は無い、などと思ってしまう。

 

 コレも、ブライアン・シンガー監督の考える、この後の展開も含めたフレディ像なのだろう。

 当然、後半の主題はフレディがゲイであった事になって行くのだが、ゲイとしてのフレディも、常に受け身で甘えたがりである。
 自分から行くことはなく、突然キスされて戸惑ったりする。
 結婚相手(当然女性)のメアリー・オースティンにはあんなに積極的だったのに。

 多分、ゲイとしてのフレディを忠実に描こうとすると、あまりにも生々しく、エグい映画になってしまうので、フレディの人格と併せて脚色しているのだろう。
 それが、この映画が開巻当初からフィクションですよ、と宣言していることの本当の意味なのだろう。

 

 史実として価値があったのは、フレディ・マーキュリーの三大コンプレックスである、ゲイ、出っ歯、インド出身、のうち、インド出身、を正面から描いたことかな。
 ゲイと出っ歯は誰が見てもひと目で分かるが、インド出身であることは、語られてはいたが、ある程度謎に満ちていた。
 なんとなく、家族をインドに残して単身イギリスに出てきたようなイメージが合ったが、あんなに明確に「ゾロアスター教徒」であることを表明する両親と暮らしていたとは。

 

 しかし、いくつかの点で逃げていることは、やはりオールドロックファンとしては許せないところもある。
 バンドに「Queen」という名前をつけた時点で、絶対フレディは自分がゲイであることに自覚的だったはずである。
 そして、映画自体のタイトルにもなっている「ボヘミアン・ラプソディ」は初めてフレディがゲイであること世間にカミングアウトするための楽曲であるはずである。
 小林克也氏によれば(ワタクシ空中さんにはその発言を無条件で信じてしまう人物が数人いて、洋楽における小林克也氏はその一人である)、 「Mama, just killed a man,」で殺されたa manとはストレートとしてのフレディ自身であり、これからは自分がゲイという現実に向き合って生きていくことの決意表明だった筈である。
 しかし映画では、この歌を作った時点ではフレディ自身まだゲイの自分とストレートの自分が未分化であるような描写がされている。

 

 更に許せないのはフレディ自身がゲイに罹患した経緯を逃げている点だ。
 同じ「主人公がエイズで死ぬ」テーマの映画に、ジョナサン・デミ=トム・ハンクスの「フィラデルフィア」があったが、「フィラデルフィア」はここを逃げていなかった。
 トム・ハンクスはちゃんとゲイのステディがいるにも関わらず、ハッテンバの映画館で浮気をして罹患するのだ。
 マネージャーのポールがエイズ患者であるシーンが無い以上、フレディもどこかで放埒な性を楽しんでいたはずなのだが、そういう描写は一切なく、いつの間にかエイズ患者になっている。

 

 しかし一方で、まあ、音楽映画としては楽しい出来だよね。
 「ボヘミアン・ラプソディ」レコーディング時の楽しそうな雰囲気や、「WE WILL ROCK YOU」や「ANOTER ONE BITES THE DUST」などの名曲が生まれる瞬間は、やはり映画ならではの興奮に満ちている。
 全てをライブ・エイドの集約させたストーリーも、まあ、感動的な脚色だろう。
 実際にはこの後アルバムはを3枚も作るが、正直言って全くパワーの感じられないものだったのだから(ある程度美しはあったが)。

 

JUGEMテーマ:映画

at 01:00, 空中禁煙者, 洋画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

「万引き家族」 価値紊乱者の憂鬱

 恐らく、是枝裕和監督は今の日本映画界、いや、日本のメジャーな表現者の中で、最大の価値紊乱者なのだろう。
 「公権力とは潔く距離を保つ」という発言もむべなるかな、せっかく公権力側でも距離を取ろうとしていたのだから、判ってないのは野党だな、と思う。

 

 安倍ちゃんは判ってる。
 コイツが今の日本人にとって根源的な価値観を揺るがそうとしていること、全国民がほぼ、崩壊していることが判っているにも関わらず、崩壊の証拠を見せつけられるとヒステリックに批判だけして、一向に対策を打ち出せないでいる問題をえぐり出している、とんでもない価値紊乱者であることを。
 安倍ちゃんにもそれがわかるくらいの知性はあるのだな、と判ってちょっと安心したりする。

 

 観始めてすぐ、タイトルの「万引き」は是枝監督のミスリードかな、と思う。
 この一家は、実は万引き以上にヤヴァい事情を抱え込んでいることが、すぐに明らかになるのだ。
 万引きで生計を立てているわけでもない。一家の中で労働可能年齢に達している者は全員まっとうな収入があるのだ。
 祖母は年金、父は建設現場で日雇労働、母はクリーニング工場でパート、母の妹はJK見学店(基本的に肉体的接触は少ない風俗)でバイト。
 それだけ働き手がいれば、子供二人くらいフツーに育てられる気がする。

 

 にもかかわらず、リリー・フランキー演じる「父」は「長男」に万引きを教え込む。
 まず、この父親において、「所有」の概念が、現在の日本人の一般的な解釈からは大きく逸脱していることが示される。そして「妻」も「祖母」も次々に同様に「所有」の概念の逸脱が描写される。
 そして我々は彼らの逸脱が単に「モノ」の所有に留まらず、「ヒト」の所有にまで及んでいることを思い知らされる。
 子供は戸籍上の親の所有物なのか。
 子供とは、なにを契機にどこに帰属するのが子供にとって一番幸せなのか。
 彼らが我々に突きつける逸脱によって、我々の価値観も揺らぎだす瞬間を味わうことになる。

 

 是枝裕和監督は、価値紊乱者であると同時に今の日本映画界で最も作家性の強い映画監督だろう。
 ずっと同じテーマで撮り続けてる。
 柳楽優弥にカンヌ映画祭最優秀男優賞を史上最年少でもたらした「誰も知らない」から15年。
 「万引き家族」は「誰も知らない」の柳楽優弥が、ついに安住の地を見つけたハナシであるかのように立ち上がってくる。
 そして「誰も知らない」がそうであったように、等身大のリアルな人物像をぶつけてくる。
 柳楽優弥にカンヌ映画祭主演男優賞をもたらした演技指導が、大挙してやってくるのだ。

 

 是枝監督の独特の演出法についてくだくだしく申し述べるのはヒトに任せよう。
 我々の価値観が揺るがされるのは、つまるところ演技が胸につまされるからで有ることだけ指摘しておけばいいだろう。
 そうでなければ単なるヤヴァい一家の言行録だ。

 

 相変わらず子役と女優は素晴らしい。
 唯一のオトナのオトコであるリリー・フランキーだけが居心地悪そうにしているが、これはつまり、「いつもどこにいても居心地悪そうなオトコ」の演技なのだろう。

 

 本人はそんなつもりはなかったのだろうが、是枝監督は価値を紊乱する事によって政治的な色眼鏡で見られる事になってしまったようだ。
 願わくば映画というものがスクリーンに映し出された(この表現も揺らいでいるが)ものだけで評価されますことを。

JUGEMテーマ:映画

at 21:15, 空中禁煙者, 邦画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

「ヴァレリアン千の惑星の救世主」 アキラ・デシネとしっかり美女

 時は28世紀。
 人類は3,000を超える異星人と友好関係を結び、1,000を超える種族と巨大な膨張し続ける宇宙ステーションを営んでいた。
 主人公のヴァレリアン少佐はナンパで超チャラいが宇宙連邦No.1の腕利き捜査官。今日も今日とて相棒の超絶美女でしっかり者の助手ローレリーヌ軍曹とつかの間の休暇を楽しんでいたが、急遽上司に呼び出されて、何でも複製できる伝説の機械、転送機をめぐる陰謀に巻き込まれ、宇宙を駆け巡る羽目になるのであった、、、

 

 コレ、メッチャ楽しそうじゃないですか?
 コレだよコレ、こーゆーのが見たかったんだよ、、、って感じ。

S Fやファンタジーに抵抗があるヒトは初手から無理だろうが、一度でもスペースオペラ的なものにハマったことがあるヒトなら、なんだか設定といいヴィジュアルといい、心惹かれるのよ。

 

 で、結局どうだったかって言うと、ですね、、、

 た、退屈、、、

 まあ、だいたい予想ついてたけど、、、

 

 リュック・ベッソンは「ニキータ」や「レオン」のような現代劇だとタイトな映画を作るが、どういうわけか「フィフス・エレメント」や「アデル/ファラオと復活の秘薬」などSF/ファンタジー作品ではダラッダラダラッダラ見せ場ばっかり繰り延べやがってからに、あんまり見せ場が続くともう、開巻30分のでもう、どーでも良くなって来るのよ、こっちは。
 根が子供だからCGで自分が見たかったものが見られて、嬉しくなっちゃって歯止めが効かなくなるんだろうか。
 ゴーグルつけなきゃ入れない、仮想空間にあるマーケット、なんてさ、面白いっちゃ面白いんだけど、途中からナニやってんだか解らないよね。

 せっかくリアーナまで引っ張り出した「ナニにでも化けられる星人」も、あー、ハイハイ、何にでも化けられるのね、ハイハイ、んじゃ、いろんなものに化けてね、という印象しかな無い。

 

 それでも最後まで見続けられるのは、とりも直さず、主役の二人の魅力でしか無い。

 相変わらずリュック・ベッソンは女優を見つけてくるのが上手い。
 カーラ・デルヴィーニュ嬢は、この長い映画の三倍くらいの時間眺め続けても飽きない美しさ。
 ちゃんとしっかり者に見えるし。

 ワタクシ空中さんは「アデル/ファラオと復活の秘薬」を思い出して、最後までカーラちゃんが乳出すんじゃないかと期待してしまった、、、

 

 ヴァレリアン少佐役のデイン・デハーンもクソ生意気そうなルックスが何故か憎めなくて意外に好感が持てる。
 途中剣戟のあるシーンで、まるでアクションができないことが露呈してしまうのは残念だが、

 

 ところでこのヒトのルックス、なんとなく、大友克洋っぽくね?
 ハッキリ言うと、「アキラ」の金田顔なのだ。
 そのせいでこのヒトの出てるカットは「アキラ」のワンカットのように見えてくる。

 「ヴァレリアン」の原作はもともとバンド・デシネと呼ばれるフランスのコミックなので、どっちかがどっちかの影響下にあるのかもしれない(テキトー)。

 

 しかしこのリュック・ベッソンのダラダラ病はどうしたらいいんだろう。
 なんとなく、ポール・ハーシュに編集させればどうにかなるような気もするが、本来的には脚本をちゃんとしろ、というハナシだ。
 でも、無理なんだろうな、、、
 誰もリュック・ベッソンに言えないんだろうな、、、
 別にコケたって生活に困らないから、コケるコケないより、自分のやりたいようになる方が大事なんだろうな、、、

JUGEMテーマ:映画

at 01:00, 空中禁煙者, 洋画

comments(0), trackbacks(0), pookmark