smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
profile
recommend
マジックソープ ベビーマイルド 236ml
マジックソープ ベビーマイルド 236ml (JUGEMレビュー »)

中年オトコが石鹸をオススメかよッ!!と言うなかれ。ワタシはコレをガロンボトルで買い込んでます。
映画検索
カスタム検索
  
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
★の数が意味するところ
★★★★★
生涯のベスト10を塗り替える勢い
★★★★
ブルーレイがでたら買うかも
★★★
観といて損はなかったかも
★★
別に観なくてもよかったかも

金はいいから時間返せ
bk1
new entries
categories
archives
recent comment
  • 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ?
    空中禁煙者 (01/23)
  • 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ?
    nk (01/22)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (07/04)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    台湾人 (07/03)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (07/02)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    台湾人 (07/01)
  • 「ザ・ライト エクソシストの真実」 コレで実話って言われてもなぁ、、、
    空中禁煙者 (06/29)
  • 「ザ・ライト エクソシストの真実」 コレで実話って言われてもなぁ、、、
    通りすがり (06/28)
  • 「ゼロの焦点」 中島みゆきのエンディング・テーマがビックリするくらい浮いている
    通りすがり☆ミ (12/08)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (06/03)
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 「ヴァレリアン千の惑星の救世主」 アキラ・デシネとしっかり美女 | main | 「ボヘミアン・ラプソディ」 フィクションとしてのフレディ・マーキュリー >>

「万引き家族」 価値紊乱者の憂鬱

 恐らく、是枝裕和監督は今の日本映画界、いや、日本のメジャーな表現者の中で、最大の価値紊乱者なのだろう。
 「公権力とは潔く距離を保つ」という発言もむべなるかな、せっかく公権力側でも距離を取ろうとしていたのだから、判ってないのは野党だな、と思う。

 

 安倍ちゃんは判ってる。
 コイツが今の日本人にとって根源的な価値観を揺るがそうとしていること、全国民がほぼ、崩壊していることが判っているにも関わらず、崩壊の証拠を見せつけられるとヒステリックに批判だけして、一向に対策を打ち出せないでいる問題をえぐり出している、とんでもない価値紊乱者であることを。
 安倍ちゃんにもそれがわかるくらいの知性はあるのだな、と判ってちょっと安心したりする。

 

 観始めてすぐ、タイトルの「万引き」は是枝監督のミスリードかな、と思う。
 この一家は、実は万引き以上にヤヴァい事情を抱え込んでいることが、すぐに明らかになるのだ。
 万引きで生計を立てているわけでもない。一家の中で労働可能年齢に達している者は全員まっとうな収入があるのだ。
 祖母は年金、父は建設現場で日雇労働、母はクリーニング工場でパート、母の妹はJK見学店(基本的に肉体的接触は少ない風俗)でバイト。
 それだけ働き手がいれば、子供二人くらいフツーに育てられる気がする。

 

 にもかかわらず、リリー・フランキー演じる「父」は「長男」に万引きを教え込む。
 まず、この父親において、「所有」の概念が、現在の日本人の一般的な解釈からは大きく逸脱していることが示される。そして「妻」も「祖母」も次々に同様に「所有」の概念の逸脱が描写される。
 そして我々は彼らの逸脱が単に「モノ」の所有に留まらず、「ヒト」の所有にまで及んでいることを思い知らされる。
 子供は戸籍上の親の所有物なのか。
 子供とは、なにを契機にどこに帰属するのが子供にとって一番幸せなのか。
 彼らが我々に突きつける逸脱によって、我々の価値観も揺らぎだす瞬間を味わうことになる。

 

 是枝裕和監督は、価値紊乱者であると同時に今の日本映画界で最も作家性の強い映画監督だろう。
 ずっと同じテーマで撮り続けてる。
 柳楽優弥にカンヌ映画祭最優秀男優賞を史上最年少でもたらした「誰も知らない」から15年。
 「万引き家族」は「誰も知らない」の柳楽優弥が、ついに安住の地を見つけたハナシであるかのように立ち上がってくる。
 そして「誰も知らない」がそうであったように、等身大のリアルな人物像をぶつけてくる。
 柳楽優弥にカンヌ映画祭主演男優賞をもたらした演技指導が、大挙してやってくるのだ。

 

 是枝監督の独特の演出法についてくだくだしく申し述べるのはヒトに任せよう。
 我々の価値観が揺るがされるのは、つまるところ演技が胸につまされるからで有ることだけ指摘しておけばいいだろう。
 そうでなければ単なるヤヴァい一家の言行録だ。

 

 相変わらず子役と女優は素晴らしい。
 唯一のオトナのオトコであるリリー・フランキーだけが居心地悪そうにしているが、これはつまり、「いつもどこにいても居心地悪そうなオトコ」の演技なのだろう。

 

 本人はそんなつもりはなかったのだろうが、是枝監督は価値を紊乱する事によって政治的な色眼鏡で見られる事になってしまったようだ。
 願わくば映画というものがスクリーンに映し出された(この表現も揺らいでいるが)ものだけで評価されますことを。

JUGEMテーマ:映画

at 21:15, 空中禁煙者, 邦画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。