smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
profile
recommend
マジックソープ ベビーマイルド 236ml
マジックソープ ベビーマイルド 236ml (JUGEMレビュー »)

中年オトコが石鹸をオススメかよッ!!と言うなかれ。ワタシはコレをガロンボトルで買い込んでます。
映画検索
カスタム検索
  
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
★の数が意味するところ
★★★★★
生涯のベスト10を塗り替える勢い
★★★★
ブルーレイがでたら買うかも
★★★
観といて損はなかったかも
★★
別に観なくてもよかったかも

金はいいから時間返せ
bk1
new entries
categories
archives
recent comment
  • 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ?
    空中禁煙者 (01/23)
  • 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ?
    nk (01/22)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (07/04)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    台湾人 (07/03)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (07/02)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    台湾人 (07/01)
  • 「ザ・ライト エクソシストの真実」 コレで実話って言われてもなぁ、、、
    空中禁煙者 (06/29)
  • 「ザ・ライト エクソシストの真実」 コレで実話って言われてもなぁ、、、
    通りすがり (06/28)
  • 「ゼロの焦点」 中島みゆきのエンディング・テーマがビックリするくらい浮いている
    通りすがり☆ミ (12/08)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (06/03)
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< セブンイレブンはE電に乗って | main | 「ヴァレリアン千の惑星の救世主」 アキラ・デシネとしっかり美女 >>

「イコライザー2」 馬は嵐の日に蒼ざめる。

 そんなわけで御用監督アントワーン・フークアによるデンゼル・ワシントンの「クリ様ごっこ」シリーズ第三作。

 

 前作はエピソード0でTVシリーズのフォーマットに即してなかったせいか、今回はアヴァンタイトルで一発、必殺必中仕置屋稼業してる。しかもトルコまで行って。
 ご苦労なこった。

 

 前作でもなんとか文芸風味を出そうと頑張っていたが、今作でもやってます。しかも前作以上。

 前作ラストの大騒動でさすがにホームセンターにいられなくなったのか(アレ、警察にどうやって説明したんだろう、、、)、デンゼル・ワシントン演ずるマッコールさん、今はタクシードライバーをたつきの道に選んでらっしゃる。

 

 そして、例によって大小の人助けにいそしんでらっしゃる。
 近所のばーさんの花壇を守る仕事から、のちのちストーリにーに絡んでくる、画家志望の黒人青年がヤクの売人になるのを防いだり。
 なかでもタクシーの運ちゃんとして送り迎えしてるおじいちゃんの家族を捜すハナシは、ソレだけで一本の映画になりそう。

 

 とは言うものの、今回の事件も別に依頼があったわけではななく、前作でも登場していた旧知の人物の仇を打つハナシ。
 なんかもう、ほとんど「イコライザー」を名乗る必然性が無いんだけど、大丈夫なんだろうか。

 

 そんな中、懐かしのTVシリーズの人気だけ利用しつつ、今回ナニをやってらっしゃるのかと言うと、ですね、まあ、クリ様の「ペイルライダー」をやってらっしゃいます。

 

 どの辺が「ペイルライダー」かというと、ですね、悪役全員がマッコールさんを見ると「死んだ筈じゃ、、、」というところです。
 そして、「ペイルライダー」である以上、前回のホームセンターのような人の大勢いるところで対決するわけには行かない。
 やはり西部劇で対決と言ったらゴーストタウンだろう。
 フークワ監督はわざわざ「ハリケーンの接近のために住民を避難させた」という設定でゴーストタウンを作り出してまで西部劇の設定にこだわる。
 そしてそのゴーストタウンで、マッコールさんに「ペイルライダー」のクリ様のような神出鬼没の活躍をさせる。
 「蒼ざめた馬の騎手」は嵐とともにやってくるものなのよ。

 

 今回はアヴァンタイトルからアクション満載で、アクション映画としてはサービス満点なのだが、前作ほどノれないのは、やはり悪役が前作ほどの迫力で描かれてないからだろう。
 一応今回の悪役はマッコールさんの昔の仲間なので、同等の実力の持ち主、という設定も可能だったはずなのだが、残念ながら全員マッコールさんの実力を尊敬していて、「オマエさえいてくれたらこんなことにはならなかった」的なことをのたまう。
 もう、最初から勝負はついてる。
「さ、さすがにマッコールさんもかなわないんじゃ、、、」

というスリルがなく、盛り上がりに欠けることおびただしい。

 マッコールさんの守護天使とも言うべき旧友が死んでしまったことや、ラストの雰囲気から、なんとなく、このシリーズもコレで終わりかな、という感じはある。
 デンゼル・ワシントン=アントワーン・フークア組がナニをやりたかったかは、二回に渡り書かせてもらったが、なぜ、「イコライザー」というフォーマットを借りたのかは、最後までわからなかった。
 単に見て育ったから好きだった、とかそんな感じだろうか。

 なんとか、もう一度おっかない悪役を捻出してスリルを味あわせてほしいとおもうのであった。

JUGEMテーマ:映画

at 03:03, 空中禁煙者, 洋画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://adultdoomsday.jugem.jp/trackback/688