smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
profile
recommend
マジックソープ ベビーマイルド 236ml
マジックソープ ベビーマイルド 236ml (JUGEMレビュー »)

中年オトコが石鹸をオススメかよッ!!と言うなかれ。ワタシはコレをガロンボトルで買い込んでます。
映画検索
カスタム検索
  
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
★の数が意味するところ
★★★★★
生涯のベスト10を塗り替える勢い
★★★★
ブルーレイがでたら買うかも
★★★
観といて損はなかったかも
★★
別に観なくてもよかったかも

金はいいから時間返せ
bk1
new entries
categories
archives
recent comment
  • 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ?
    空中禁煙者 (01/23)
  • 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ?
    nk (01/22)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (07/04)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    台湾人 (07/03)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (07/02)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    台湾人 (07/01)
  • 「ザ・ライト エクソシストの真実」 コレで実話って言われてもなぁ、、、
    空中禁煙者 (06/29)
  • 「ザ・ライト エクソシストの真実」 コレで実話って言われてもなぁ、、、
    通りすがり (06/28)
  • 「ゼロの焦点」 中島みゆきのエンディング・テーマがビックリするくらい浮いている
    通りすがり☆ミ (12/08)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (06/03)
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 「スプリット」 オチにはあんまり期待しないでください、、、 | main | 「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー 」 「答え合わせ」のための映画 >>

「グレートウォール」 マット・デイモン暗黒伝

 中国は宋王朝時代(西暦でいうと1000年前後)、火薬の交易を求めて二人(元はもっと大勢いたけどみな死んだ)の白人が中国に潜入しようとしていた。
 ある夜、謎のバケモノに襲撃された二人はからくもバケモノの腕を切り落とし、撃退に成功する。
 やがて二人は万里の長城にたどり着くが、あっという間に囚われの身になり、「火薬の秘密を盗みに来た」嫌疑をかけられ、殺されそうになるが、二人が持ち歩いていた「バケモノの腕」を見て、中国人たちは腰が抜けるほど驚愕し、二人への扱いは一変する。

 バケモノは「饕餮」と呼ばれる謎の生き物で、そもそも万里の長城は「60年に一度人間界に攻め込んでくるこのバケモノを防ぐために作られた」ものだという。
 宋王朝はこのバケモノを防ぐために万里の長城に三軍からなる軍隊(何故か「近衛兵」の意味であるはずの「禁軍」と呼ばれている。皇帝直属ということだろうか)を常駐させていた。
 とうていこのバケモノを知りもしない人間風情がたった二人で腕を切り落として撃退出来る代物ではないのだ。
 実は、白人二人が撃退に成功したのは、彼らがそうとは知らず饕餮が苦手とする「ある物」を持っていたからであり、ここから宋軍は饕餮退治のヒントを得るのだが、饕餮の知性は彼らの想像を上回っており、、、

 というハナシ。

 ワタクシ空中さんにとっては「HERO」や「LOVERS」などと言ったうじゃじゃけた武侠映画の、というよりは、北京オリンピック開会式の、といったほうが通りが良い中国映画界最大の巨匠にして、(少なくとも武侠映画に関しては)徹底した映像派、チャン・イーモウ作品。

 

 正直言って「饕餮」などというものを持ち出したトンデモ振りがいまいちチャン・イーモウらしくないなぁ、、、という気もするが、「HERO」もトンデモっちゃトンデモかなぁ、、、などと思う。

 万里の長城の上を、赤と紫と黄色に色分けされた軍隊が隊列を組んで走り回る風景など、いかにもチャン・イーモウだなぁ、というか、もう、ほとんどコレがやりたかっただけじゃねーの?という感じ。
 

 他にも全体に画面が美しいのはさすが。風景、セット、衣装、全てが美しい。
 アクションシーンまで美しい。
 そして、例によって、アクションシーンは美しいものの、キレが良くない。
 動きをストップモーションで見るとカッコいい(美しい)形になっているが、動きのダイナミズムを捉えるのはあんま興味ない、みたいな。

 

 盗賊扱いからやがてヒーローに登りつめる白人役にマット・デイモン。20年前にやってきて軟禁状態の白人がウィレム・デフォー。禁軍の軍師にアンディ・ラウ。
 さすがチャン・イーモウ。
 キャストが題材に不似合なほど豪華。
 禁軍の将軍は「マンハント」のチャン・ハンユー。その将軍が死んで次の将軍に指名されるのが、あまりにもパッチリしたお目々と尖った顎がなんか人造的なジン・ティエン。

 

 ところでワタクシ空中さんが「饕餮」という怪物のことを初めて知ったのは、諸星大二郎の「孔子暗黒伝」だった。
 「孔子暗黒伝」によると、饕餮は元は蚩尤という怪物で、黄帝に逆らって滅ぼされたが、霧を発生させて目をくらます蚩尤に対して黄帝は「指南車」(つまり磁石)を使って自らの位置を知り、勝利したという。
 チャン・イーモウはこういった伝説にも興味があるらしく、本作でもマット・デイモンが持っていた「ある物」とは、マザー饕餮とはたらき饕餮の通信を阻害するものとしての「磁石」なのであった。

JUGEMテーマ:映画

at 20:57, 空中禁煙者, アジア

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://adultdoomsday.jugem.jp/trackback/677