smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
profile
recommend
マジックソープ ベビーマイルド 236ml
マジックソープ ベビーマイルド 236ml (JUGEMレビュー »)

中年オトコが石鹸をオススメかよッ!!と言うなかれ。ワタシはコレをガロンボトルで買い込んでます。
映画検索
カスタム検索
  
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
★の数が意味するところ
★★★★★
生涯のベスト10を塗り替える勢い
★★★★
ブルーレイがでたら買うかも
★★★
観といて損はなかったかも
★★
別に観なくてもよかったかも

金はいいから時間返せ
bk1
new entries
categories
archives
recent comment
  • 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ?
    空中禁煙者 (01/23)
  • 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ?
    nk (01/22)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (07/04)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    台湾人 (07/03)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (07/02)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    台湾人 (07/01)
  • 「ザ・ライト エクソシストの真実」 コレで実話って言われてもなぁ、、、
    空中禁煙者 (06/29)
  • 「ザ・ライト エクソシストの真実」 コレで実話って言われてもなぁ、、、
    通りすがり (06/28)
  • 「ゼロの焦点」 中島みゆきのエンディング・テーマがビックリするくらい浮いている
    通りすがり☆ミ (12/08)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (06/03)
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 「悪女/AKUJO」 「ハードコア」×「ニキータ」×「キル・ビル」×浅野温子 | main | 「グレイテスト・ショーマン」 ミュージカル版「フリークス」 >>

「亜人」 超高密度の脚本に脱帽

 正直言って「踊る大捜査線」の本広克行がこんなタイトな映画を作るとは(作れるとは)思わなかった。
 全くまいどまいど本筋をドライブするのに必要あるんだかないんだか分からない(まあ、ないんだが)エピソードばっかりグダグダ繰り広げやがってからに、映画は長い目のTVシリーズの一本ちゃうぞコラ、と言うようなもんである(コレはまあ、「SPEC」シリーズの堤カントクにも言えることだが)。
 しかるにこのタイトさは何事であろう。

 

 やっぱり脚本が良いのかなぁ、、、などと思って調べると、二人いる脚本家はどちらもアニメをメインなフィールドとして活躍しているヒトであった。
 特に瀬古浩司氏は、子供と一緒に観ていて第一話のあまりの高密度、急展開にワタクシ空中さんのド肝を抜いた、驚異のスチームパンクアニメ「甲鉄城のカバネリ」の脚本家であった。

 なるほどねぇ、、、

 おそらくは相当長大かつ複雑、超ハードにして超アグレッシブな原作の設定を、グダグダした説明なしに映像の力でガシガシ納得させてどんどんハナシを前に進める手腕には恐れ入る(正直、中盤になってから「ああ、そういうことなのね、、、」と思う展開もあるが)。

 

 「無限の住人」と同じく「何故か身体が再生される」人間を軸にしたハナシなのだが、さて、もし「死なない(死んでも再生される)」人間がいるとしたら、どういう利用価値があるでしょう。
 日本政府はなんと、彼らを監禁してありとあらゆる人体実験を試みているのである。あらゆる新薬、あらゆる毒ガスの効果を彼らを使って調べているのだ。
 したがって、彼らは何回も死ぬ。
 どうせ生き返るし。
 彼らは、死の苦しみを何度も何度も味わっている。
 人生に対してなんの希望もなく。

 

 逃げ出さないかって?
 大丈夫。
 手足をちょん切っちゃえばよろしい。
 どうせ死んだら生えてくる。

 

 今、一番自由でアグレッシブで不道徳なフィクションジャンルはコミックだと思い知らされざるを得ない、超ハードな設定ではないか。

 

 そう、同じ不死を扱っていても、「無限の住人」と違うのは、「亜人」では「怪我は治らない」ということだ。
 完全に死んだときだけ、全てが一瞬で回復する。

 

 「無限の住人」のレビューでワタクシ空中さんは

『万次自身が「切り落としてもスグ再生する」と言う自らの利点を「前提とした」戦略を取るところまでは行っていない』

と書いたが、なんと、本作ではそれをやっている。
 長年に渡る実験動物生活で狂気にとりつかれた亜人テロリスト佐藤(綾野剛)は、自らの「死から一瞬で再生する」という利点を最大限活かした戦略を取る。
 戦闘に不利になるような負傷を負うと、あっさり自分の頭を銃で吹き飛ばして一瞬で再生するのだ。
 さらにこの論理を敷衍して、あっと驚く離れ業を演じてみせる。
 コレには驚いた。
 ある条件だけを設定して、そこから何を得られるか、徹底的に思考実験を繰り返した跡が見える、驚異の脚本(原作)だと思う。

 

 残念なのはこの超高密度な脚本に見合ったアクション演出が出来ているかどうかだが、、、
 やっぱりそこは本広克行じゃ無理だよな、、、
 一応観ていてイライラするような出来ではなく、テンポよく繋いではいるが、「迫力ある画作り」みたいな意味では、邦画界にももっと上手いヒトいるんだけどなぁ、、、と思っちゃう。
 コレもまた日本映画界のプロデューサー不足の弊害なのかな、、、

 

 全体的に、複雑な設定の役柄を課せられた佐藤健と、どれだけ狂気を表現できるかを楽しんでいる綾野剛の演技合戦としても観れる。

 しかし、一番驚いたのは川栄だ。
 「めちゃイケ」で「バカのセンター」に認定され「嘘だろーーがっ!!」などと吠えていた頃の川栄から、誰が今の彼女を想像できたろう。
 アクションは流石に要所要所吹き替えを使っているが、コレも複雑な過去を背負った少女を演じ切っている。 
 いい映画に出会ったね。

JUGEMテーマ:映画

at 01:15, 空中禁煙者, 邦画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://adultdoomsday.jugem.jp/trackback/668