smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
profile
recommend
マジックソープ ベビーマイルド 236ml
マジックソープ ベビーマイルド 236ml (JUGEMレビュー »)

中年オトコが石鹸をオススメかよッ!!と言うなかれ。ワタシはコレをガロンボトルで買い込んでます。
映画検索
カスタム検索
  
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
★の数が意味するところ
★★★★★
生涯のベスト10を塗り替える勢い
★★★★
ブルーレイがでたら買うかも
★★★
観といて損はなかったかも
★★
別に観なくてもよかったかも

金はいいから時間返せ
bk1
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 「ほんとにあった!呪いのビデオ 72」 もう、川居尚美さんのためのシリーズなんじゃ、、、 | main |

「ほんとにあった!呪いのビデオ 73」 驚異の新人演出補、舞木ひと美登場!

 この巻を観ていて思ったんだが、このシリーズの裏テーマの一つは、「この世ならざるものは嫉妬深い」だな、と思う。
 このシリーズに出会う前、ワタクシ空中さんは、もし幽霊というものが姿を現すとしたら、その幽霊側からの理由は、

 

・恨みを晴らしたい。
・何事か伝えたい。
・単純に恐怖を与えたい。

 

くらいかな、と思っていた。
 が、「ほん呪」シリーズで多いのは、

 

・楽しそうなので見に来た。
・仲間に入りたかった。
・羨ましかったので邪魔しに来た。

 

このパターンである気がする。

 「ほん呪」以前に幽霊出現の原因をこのパターンで考えたことがなく、コレは「ほん呪」発信の新しい認識なのかな、などと思う。

 

 「サプライズ」
 パパの誕生日をサプライズ演出で祝うべく、ケーキを用意し、部屋の電気を消してパパの帰宅を待つ母娘。
 パパが帰ってきて、玄関へ向かう途中カメラが洗面所に向くとそこには「この世ならざるもの」の姿が、、、

 

 この映像を撮影した時点で、実はこのアパートの下の部屋で女性が孤独死しているのが発見されたという。
 女性は、楽しそうな一家団欒風景が羨ましかった、とでも言うのだろうか、、、
 というのだが、別にサプライズ関係無いよね。このエピソードのラスト、つまりタイトル前に、この「この世ならざるもの」の姿に母娘の歌う「はっぴばーすでーとぅーゆー、、、」を被せたかっただけだと思う。

 

「夏合宿」
 女子中学生の合宿風景。
 フツーに合宿の宿舎で夜女子中学が執り行うであろう風景を写しているが、突然、別の部屋から先輩が訪ねてきて、
「この部屋から『助けて〜』って聞こえてくるんだけど大丈夫?」
とのたまう。
 このとき、何故か先輩は左足をキレイに曲げて一本足で立っている。

 この「合宿」とやらがなんの部活の合宿だか分からない(彼女たちがよく踊っているのでダンス部かなと思っていたが)のだが、先輩の立ち方を見ると、野球部で、先輩は一本足打法の名手なのかもしれない。

 

 やがてカメラが押し入れを写すと、不気味な顔が二つ、こちらを覗いていた、、、

 この二つの顔がなんか密着しすぎ。
 幽霊は実体がないからかまわないっちゃかまわないけど、体の部分重なり合っちゃってるのかな、、、

 

「民宿」
 先輩と温泉旅行しているときに、先輩が泊まった民宿の部屋で撮った映像に、その部屋で首を吊った白骨死体が混ざり込んでしまう。
 そして先輩は、白骨死体が着ていた服から見て、この死体は投稿者だ、と言い出す。

 

 先輩と温泉旅行。

 

 つまりこの二人はゲイなのだろう。取材に応じた投稿者はこけしと山崎邦正のハーフみたいなルックスで髪も染めてるし、問題の服もワタクシ空中さんの感覚ではゲイっぽい。

 

 スタッフは当然シリーズの過去にあった「奇怪な未来」とその続編「奇怪な過去」を思い出す。
 「委員会はこの問題を追い続ける」と言うが、多分、作品になるのは投稿者が亡くなってからだろう。

 

「花火の上」
 ドローンで上から撮影した花火大会。

 

 「ははー、花火って上から見るとこう見えるのねー、、、」
 などと感心していると、いきなり「手」がドローンを掴んで引きずり下ろす。

 

 この映像インパクトにはちょっと感心した。
 あんな上空に一体誰の(何の)手が、、、

 

「シリーズ監視カメラ 復元」
 深夜のオフィスで男女二人が残業していると、突然火の手が上がる。
 原因は全く不明。

 

 コレはやはり「男女」というところがポイントでしょう。
 この二人は当然デキていて、「不可解なもの」が嫉妬に狂って放火、というパターンであると思われる。
 映像の中、男性があくまで女性のみを気遣って安全に避難させようとしてるあたりが特に腹が立ったんだと思う。

 

「おくりもの 中編」
 えーっと、この、ほん呪の長編モノは、油断してると延々あらすじを書きたくなるんで、敢えて大幅にハショリます。

 この巻で重要なのは、前作で出てきた「モッカイナレ」は「もう一回なれ」ではなく、「モッカになれ」であることを新人スタッフ寒ちゃん(カワイイ)が突き止めたこと。ここで「魔術堂のKATOR氏」なる人物が登場して、モッカとはサンスクリット語で人間が完全に解脱した状態、つまり「死」のことである、と解説すること(KATOR氏の解説では音声を消されているが、多分、オウム真理教でいわゆる「ポア」と同じである、と言っていると思われる)、さらに委員会は失踪中の悦子さんの母親の許可を得て、悦子さんの部屋を探索し、悦子さんのパソコンから「モッカ」と名付けられた動画を発見すること、などであろうか(長いわ!)。

 KATOR氏とはまたいかにも怪しげだが、現行の制作陣のひとり、寺内康太郎の一味らしい。

 

 そして、悦子さんのPCから発見された動画は、ある意味ヤヴァい。
 川居女史ですら「これ、公開できませんよね」と言っているが、当然、ヘーキで公開してしまうのだ。

 

 動画は、8才の少女がカメラに向かって延々と語り、最終的には窓を開けて外のベランダから飛び降りてしまう、というものだ。
 ココまでワンカット。

 

 どうってこと無いと言えばどうってこと無いが、ヤヴァいと言えばヤヴァイ。
 8才の少女の自殺動画なのである。

 語る内容は主に自分をイジメていたクラスメート達やそれをほったらかした教師たちへの恨み言である。
 そして少女は最終的に「そうだ!みんなモッカになればいいんだ!まずアタシがモッカになるね」と言って飛び降りてしまうのである。

 

 まがりなりにも8才の少女を巻き込んで、延々と分けのわからない思想を語らせた挙げ句、死を選ぶ、という動画。
 なんとなく、ヤラセだったら許されるものではない、という気がする。

 

 フィクションなら許される。
 ドキュメンタリーだったら許されるもクソもないが公開が許されない。
 ヤラセだったら許されない。

 

 結局、この辺を曖昧にしたままヒリヒリした感じを持続しつつ浮遊し続けるのが、ほん呪シリーズの魅力なのかなぁ、、、

 

 現在、磯崎茂氏と悦子さんの二人が失踪しており、その行方を追うために演出補が3人増強されている。
 特に、20代女性のくせに初登場の場面でくわえタバコ、自ら「アタシ常識無いんで」とのたまう舞木ひと美嬢はなにかやらかしてくれそうな期待をもたせる。

 

 中編のラストは、委員会による磯崎家の監視下、娘の由美ちゃんが包丁を持ち出したので慌てて止めに入った寒ちゃん(カワイイ)が包丁を持ったままの由美ちゃんと揉み合いになり、倒れて起き上がらない、と言うもの。
 寒ちゃん(カワイイ)、辞めちゃうんじゃないの?

 

 そろそろ新体制の色が分かってきたかなぁ、、、

 

「サプライズ」と「夏合宿」は今までどおり割とハッキリ顔が写っている。

 

 そして前作のウェアラブルカメラに続いて今回はドローンを使用している。

 つまり、
”垈腸鬚覆發里隆蕕鬟魯奪リ表現する。
⊃靴渓椶離瓮妊アが好き。
 といったところがすぐ挙げられるだろう。

 

 もう一つ、菊池体制が徹底的に追求していた「禍々しさ」はすっかり影を潜め、「奇妙な味」みたいなものを追求しているような気がする。

 さらに、福田体制らしく、演出補が増えて、演出補の生き様、みたいなものが表現されるようになっている。菊池時代にも散々「演出補イジリ」はあったが、寒ちゃん(カワイイ)と舞木の描き方は、他人にイジられるのではなく、自ら身をもってナニかを証明していく、という迫力がある。

 

 まさか、そのうち舞木ひと美が演出に昇格する時代が来る、とでも言うのだろうか、、、

JUGEMテーマ:ノンフィクション

at 20:27, 空中禁煙者, 邦画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://adultdoomsday.jugem.jp/trackback/662