smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
profile
recommend
マジックソープ ベビーマイルド 236ml
マジックソープ ベビーマイルド 236ml (JUGEMレビュー »)

中年オトコが石鹸をオススメかよッ!!と言うなかれ。ワタシはコレをガロンボトルで買い込んでます。
映画検索
カスタム検索
  
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
★の数が意味するところ
★★★★★
生涯のベスト10を塗り替える勢い
★★★★
ブルーレイがでたら買うかも
★★★
観といて損はなかったかも
★★
別に観なくてもよかったかも

金はいいから時間返せ
bk1
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 「メッセージ」 「タコ入りばかうけ」が世界を変える | main | 「ハードコア」 観る前に酔い止めを飲もう。 >>

「エクス・マキナ」 ほぼ、ソノヤ・ミズノの映画

 世界最大の検索エンジン運営会社に勤めるケイレブは、社内の懸賞に当選して、「誰も会ったことのないカリスマ社長の自宅に一週間招かれる」と言う栄光に浴する。

 

 そんなもんどこが嬉しいのかと思うだろうが、なにしろ「大統領でも会えない」と言われるほどの、天才、カリスマ、大富豪なのだ。

喜び勇んで「ヘリコプターで2時間以上社長の敷地の中」を飛んで大邸宅にたどり着いたケイレブだったが、実は懸賞のハナシはウソで、社長は最初から優秀で若く独身の男性社員であるケイレブを、ある目的のために呼び寄せたのだった。

 

 ある目的とは「チューリングテスト」。
 

 機械をを人間と対話させて、人間が機械と見破るかどうかで、機械がAIになったかどうか見破る、というテストだが、社長が用意したAI、エヴァは顔こそ人間だが、顔面以外は機械丸出しで、人間とは間違えようがない。
 そこで、若い女性型のAIであるエヴァと、ケイレブの間に恋愛感情が芽生えるかどうかで、チューリングテストにしよう、というハナシ。

 

 ね。
 コレは上手いよね。
 ちゃんとリアル目のSFにもなってるし、恋愛映画としても成立する。

 

 で、ここから衝撃のラストまで、脚本はすごくよく出来てると思う。

 AIを巡る哲学的な会話から、社長がAIを作りながら「何故」検索エンジンの会社をやっているかについての衝撃的な事実の開示まで、さすが手練の脚本家だなと思わせる。

 

 しかしですね。
 この映画、ひとつ致命的な誤算があるよね。

 

 社長がハウスメイドとして使ってるエヴァの一つ前のAIであるキョウコの存在である。
 この、キョウコ役のソノヤ・ミズノが美しすぎる。

 

 エヴァ役のアリシア・ヴィキャンデルも、顔面だけ人間であとは機械部分が丸見えの段階では美しいが、皮肉なことに皮膚と髪と服をまとって人間らしい格好になると、「なんかショボいな、、、」という印象。

 

 それに対してソノヤ・ミズノは終始完璧な美しさ。
 さらに、ちょっとだけダンスを踊るシーンが有るのだが、このダンスがまた素晴らしすぎ。
 30秒ほどのシーンだが、最初の2秒で、

「あ!このヒトのダンススゴい!!」
とわかってしまう。

 

 ダンスとはつまり芸術である。
 眼の前で堂々と芸術を創作している奴がいるのに、チューリングテストとはなんとバカな話だろう。
 人間以外の誰に芸術を作れるというのだ。

 

 調べてみると、ソノヤ・ミズノはなんとロイヤル・バレエ学校出身のダンサーであった。
 そらスゴいはずだわ。

 

 せっかくソノヤ・ミズノが出てくれたのだから、ダンスも撮っとこうくらいのつもりで入れたのかもしれないが、ほとんど映画全体をぶち壊す誤算であった。

 

 せめて人間に化けたアリシア・ヴィキャンデルがソノヤ・ミズノを上回る美しさだったら、、、と思わざるを得ない。

JUGEMテーマ:映画

at 01:44, 空中禁煙者, 洋画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://adultdoomsday.jugem.jp/trackback/646