smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
profile
recommend
マジックソープ ベビーマイルド 236ml
マジックソープ ベビーマイルド 236ml (JUGEMレビュー »)

中年オトコが石鹸をオススメかよッ!!と言うなかれ。ワタシはコレをガロンボトルで買い込んでます。
映画検索
カスタム検索
  
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
★の数が意味するところ
★★★★★
生涯のベスト10を塗り替える勢い
★★★★
ブルーレイがでたら買うかも
★★★
観といて損はなかったかも
★★
別に観なくてもよかったかも

金はいいから時間返せ
bk1
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 「ラ・ラ・ランド」 彼女が「パリへ行く」と言い出したらご用心 | main | 「メッセージ」 「タコ入りばかうけ」が世界を変える >>

「おじいちゃんはデブゴン」 ユン・ピョウ見せ場無い、、、

 若いヒトには「デブゴン」ってなんだよってハナシだろう。

 

 昔、ブルース・リーに憧れていたサモ・ハンは、ブルース・リー映画へのオマージュに満ちた「燃えよデブゴン」と言う映画を作り、コレが大ヒットしたために、70年代末から80年代初頭にかけて、サモ・ハン主演の映画は全て「燃えよデブゴン なんちゃらかんちゃら」と言う邦題をつけて「放映」されたのだ。

 

 そう、テレビ放映時のハナシではある。
 映画公開時の邦題が違っても、テレビ放映時には「燃えよデブゴン」なのだ。当時のサモ・ハンの人気がうかがい知れる。

 そしてこの映画は、ちょっとだけその頃を知るものの心の琴線に触れる作りになっていたりする。

 

 一人暮らしの孤独なオトコ(実はムチャクチャつおい)が、近所に住む顔見知りの少女のためにアバレる、という、つまりは「レオン」フォーマットのハナシ。

 同じ「レオン」フォーマットの「アジョシ」のウォン・ビンが、自分の仕事のせいで妻が殺される、と言うくらい過去を背負っていたように、サモ・ハンもムッチャクチャ暗い過去を背負っている。
ちょっと、一本の映画の主人公の「過去」としては暗すぎるのではないかというくらい暗い。普通はこれだけで一本の映画にするだろ。

 

 そして、この暗い過去が関係しているのかどうか、サモ・ハン演じる元軍人(要人警護に当たっていた超エリート)ディンは若年性認知症(まだ66歳なので若年性と言っていいだろう)を患い、全ての記憶が曖昧になっていく、と言う設定。

この、サモ・ハンがナニを覚えていてナニを覚えていないのか、が観客にとっても曖昧な設定と、周囲にサモ・ハンに協力的(サモ・ハンの正体を知らないにもかかわらず)な人物を数人配したせいで、映画全体が、なんとなくボンヤリ、フンワリした印象になっている。

 

 そして、この、ボンヤリ、フンワリした雰囲気を、突如サモ・ハンの見せる超絶アクションが春の雷鳴のごとく切り裂く、と言う趣向になっている。

 

 サモ・ハンと言えば、デブのくせに飛ぶ、というのがウリだったが、さすがによる年波には勝てず飛んではいない。
 しかし、元要人警護のプロらしく、接近戦に特化した戦術で、向かってくる敵を関節技でボッキボキにしてしまう。

 その描写の激しさは、「困ったおじいちゃんを描くホームドラマ」だと思って観ていたヒトがいたら、思わずチビってしまうのではないかと思われる程である。

 中国の国境の町にたむろするチンピラだろうと、その背後に控えるロシアン・マフィアだろうと委細構わず骨折りまくって不具者を大量生産していくさまは、さすが老いてもサモ・ハン・キンポーと頭が下がる。

 

 サモ・ハンと心を通わせる少女のどうしょうもないダメ父になんとアンディ・ラウ。
 サモ・ハンのハナシを聴いてやる地元の警察署長にな、な、なんとユン・ピョウ。
 要するにサモ・ハン20年ぶりの監督作品を盛り上げようと皆協力しているのだろう。

 

 なかでもユン・ピョウがほぼワンカットなのに対し、アンディ・ラウは全編に渡ってダメ人間ぶりを晒し続ける。
 よく引き受けたなぁ、、、と思ったが、よく見るとアンディ・ラウは制作にも噛んでいた。

 要はサモ・ハンのために一肌脱いだのだろう。
 アンディ・ラウ、オットコ前だねえ、、、

JUGEMテーマ:映画

at 20:00, 空中禁煙者, アジア

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://adultdoomsday.jugem.jp/trackback/644