smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
profile
recommend
マジックソープ ベビーマイルド 236ml
マジックソープ ベビーマイルド 236ml (JUGEMレビュー »)

中年オトコが石鹸をオススメかよッ!!と言うなかれ。ワタシはコレをガロンボトルで買い込んでます。
映画検索
カスタム検索
  
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
★の数が意味するところ
★★★★★
生涯のベスト10を塗り替える勢い
★★★★
ブルーレイがでたら買うかも
★★★
観といて損はなかったかも
★★
別に観なくてもよかったかも

金はいいから時間返せ
bk1
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 「64-ロクヨン-後編」 前後編にしたほうが儲かるの? | main | 「極秘捜査」 ある意味タイムリーな実話映画 >>

「残穢[ざんえ]―住んではいけない部屋―」 ある意味「ほん呪 THE MOVIE」

 主人公の「私」は女流ホラー・ミステリー作家。夫もミステリー作家で、つまり小野不由美本人(映画化にあたって若く、美しくなっているが)。
 彼女はホラー雑誌に読者から投稿された実話を元にした怪談実話の連載を持っている。

 

 「読者からの投稿を元にした怪談実話」

 

 これはつまり「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ(以下、「ほん呪」で)のコンセプトと同じであり、テキストベースの「ほん呪」と言っていいだろう。
 もしかするとオレが知らないだけで、読者からの投稿を元にした怪談実話というジャンルは昔から確立しており、「ほん呪」がそれを元にしているのかもしれない。

 

 コレはまさに「ほん呪」シリーズの生みの親であり、初期作品の監督にしてなんと未だにナレーションを付けている中村義洋氏が監督するべくして生まれた原作と言っていいだろう。
 コレを中村義洋氏以外が監督することになったら、TV版の「子連れ狼」の主役を萬屋錦之介に取られた映画版の「子連れ狼の主役、若山富三郎先生級に怒り狂ったのではないか(ちょっと違うし、そんなことないか、、、)

 

 ストーリーは当初、「ほん呪」でもよくある、「無関係と思われた複数の事件の元が実は同じ」と言うパターンであるかのように進む。
 しかし、きっかけとなった投稿の送り主、女子大生でミステリー研究会部長の「久保さん」(橋本愛)と「私」(竹内結子)のコンビが調査をすすめる内、事件は「さらなる奥」を見せ始める・

 

 巧いなぁと言うか、ヤラれたなぁ、と思うのは、ここで、「私」の同僚のホラー作家「平岡芳明」なる人物が絡んでくることである。
 この人物、無駄なバイタリティといい胡散臭さといい、登場した途端、「アレ?コレ『異形コレクション』の平山夢明じゃね?」と思ったのだが、なんと、原作では堂々と「平山夢明」を名乗って登場するらしい。

 他人の小説にヌケヌケと実名で登場するとは、胡散臭さもココに極まれりと言う感じだが、佐々木蔵之介はこのバイタリティと胡散臭さを体現できていて見事。本人に何度もあって研究したのではあるまいか。

 

 で、ですね、ナニが巧いかというと、ココで第二の(夫の綾辻行人を含めると第三の)実在の有名人を出すことで(有名度合いも絶妙)、一気にリアリティが増すことだ。小野不由美氏、平山夢明氏にギャラ払ってるんだろうか。

 

 おそらくはホラー業界のヒト御用達の喫茶店で打ち合わせしていた「私」と編集者のハナシに強引に割り込んできた平岡芳明氏、自分の仕事に繋がるかどうかは度外視して、ただ単に「面白いから」という理由で「私」と久保さんの調査行に協力しまくる、どころか主導権さえ握り始めるのであった、、、

 

 平岡芳明も「たぐっていくと根は同じ」と言って面白がっていたが、調査を続けるうちに、同じ呪いがほうぼうに根を伸ばしているのではなく、ひとつの呪いが次の呪いを産んでいく、と言う「連鎖」の構造になっていくことが判って来る。

 

 コレは新手だな、と思った。
 ひとつの呪いでヒトが死ぬ。するとその死が新たな呪いを産むのだ。
 従って、呪いで死んだ人間達が死ぬ前に残した言葉や状況は、ひとつひとつが違う。
 だから結果(例えば呪いによって生まれる霊現象)から見ると、繋がっているようには思えなかったのだ。

 

 映画はこの連鎖する呪いを、ひとつひとつ解きほぐしくて行く形で進む。
 それは、ホラーと言うよりは、ミステリーのフォーマットに近い。
 結果として、この映画は、「怖い」というよりは「面白い」。

 

 おなじ「ほん呪」一味の白石晃士による「ノロイ」という、「一見無関係に思われた事件がたぐっていくと根は同じ」式の映画があったが、あの方が怖い。
 アレは呪いが映画の中で進行中で、呪っている本人の強烈な悪意が映画の中に蔓延していたが、「残穢」では基本的に呪っている本人は(数人いるわけだが)既に大昔に死んだヒトばっかりだからではないか。

 

 この映画では、ある大きな事件を、なんとなく登場人物たちが「コレが大元だったか、、、」と認定した雰囲気をだして調査を終えてしまうが、本当に怖いのはココから先なのかな、という気もする。
 ココで本当に終わりかどうかわからないのだ。

 本当はまだまだ先があって、なにか「本当にヤヴァいもの」に行き着いてしまうのではなかろうか、という妄想をかき立てる。
 そこまでやると、ミステリーさえ超えてSFになってしまい、ホラーを求める心つもりだと、白けてしまう気もするが。

 

 とにかく佐々木蔵之介の演技が光っているが、竹内結子と橋本愛は地味に抑えた演技に徹していて、やや映画的な魅力には欠ける。。
 特に橋本愛ちゃんはヘアスタイルが似合ってないというか、橋本愛ちゃんに不利な髪型になっていて可愛そう。
 中村義洋氏は女性をキレイに撮ることにあんまり興味が無いのだろうか。
 どうせリアリティを捨てて美人女優起用したんだから、もうちょっときれいに撮ってあげてもいいと思うんだが、、、

 

 まさか、中村カントク、女優だということを忘れて演出補のツモリで撮っている、とでも言うのだろうか、、、

JUGEMテーマ:映画

at 04:04, 空中禁煙者, 邦画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://adultdoomsday.jugem.jp/trackback/612