smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
profile
recommend
マジックソープ ベビーマイルド 236ml
マジックソープ ベビーマイルド 236ml (JUGEMレビュー »)

中年オトコが石鹸をオススメかよッ!!と言うなかれ。ワタシはコレをガロンボトルで買い込んでます。
映画検索
カスタム検索
  
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
★の数が意味するところ
★★★★★
生涯のベスト10を塗り替える勢い
★★★★
ブルーレイがでたら買うかも
★★★
観といて損はなかったかも
★★
別に観なくてもよかったかも

金はいいから時間返せ
bk1
new entries
categories
archives
recent comment
  • 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ?
    空中禁煙者 (01/23)
  • 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ?
    nk (01/22)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (07/04)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    台湾人 (07/03)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (07/02)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    台湾人 (07/01)
  • 「ザ・ライト エクソシストの真実」 コレで実話って言われてもなぁ、、、
    空中禁煙者 (06/29)
  • 「ザ・ライト エクソシストの真実」 コレで実話って言われてもなぁ、、、
    通りすがり (06/28)
  • 「ゼロの焦点」 中島みゆきのエンディング・テーマがビックリするくらい浮いている
    通りすがり☆ミ (12/08)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (06/03)
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 「ビザンチウム」 色気皆無の美少女ヴァンパイア(とその妖艶なお姉ちゃん) | main | 「グランド・マスター」 アクションに興味が無いヒトが撮ったカンフー映画 >>

「清州会議」 ある意味劇作家が撮ったっぽい映画

 清須会議とは、本能寺の変で織田信長と嫡男の織田信忠が討たれた後、織田家の重臣たちが集まって、織田家の世継ぎを決めた会議である。会議の目的と結論、出席者はハッキリしているが、当然のことながら会議の議事進行に関する詳細は、後世の創作も含め、諸説入り乱れて複雑である。
 この詳細を自分で作っちゃおう、という試みが、劇作家として魅力的であろうことは想像に難くない。

 そんな訳で当代一の劇作家、三谷幸喜がコレに挑戦したわけである。秀吉や柴田勝家やお市の方と言った歴史上の有名人が、三谷キャラとして三谷ワールドで活躍する、と言うのは確かに面白そう。

 で、事実そうなってます。
 秀吉が、柴田勝家が、お市の方が、その他大勢が、見事に三谷キャラと化して暴れてます。
もちろんキャティングの妙もあるのだが、三谷作品では常連の役所広司や小日向文世や鈴木京香に混じって、大泉洋や浅野忠信ら新参組も見事ではある。
 浅野忠信演じる前田利家は、この映画のメインキャストの中ではほぼ笑いの要素のない、「逆コメディリリーフ」のような存在なのだが、浅野忠信の辛気臭い顔にマッチしていて、実は大泉洋以上のベストキャストかもしれない。
 大泉洋の秀吉は、秀吉のコメディ部分を表現するのには最適だったが、恐らくは秀吉自身には横溢していたであろう凄みが感じられないのはやや残念だが。

 という訳で、まあ、充分三谷ファンを満足させられる映画だとは思うが、予想通り映画的快楽には乏しい。
別に映画と名乗って映画館で上映させるからといって、いわゆる映画的な要素がなければいけないというわけでもないのだが、そういうものを期待する向きには、案の定不向きな映画ではある。

 三田に監督自身がそういう映画的な要素に興味が無い、あるいは無くてもいいと思ってるワケではないと思う。
 例えば、この時代の板張りの「大広間」と言ったようなもの空間をどう表現するか、と言う問題について、三谷監督は細心の注意を払っているようにも見える。
 が、大したことはない。

 せめてビックリするような展開でもあれば、まだある意味映画的になるような気もするが、何分史実には忠実なのでそうも行かない。いっそ、途中から史実を無視する、と言う手もあるのだが、少なくともこの作品において三谷監督はそういう手に出ることは全く考えていない。

 要するに、舞台劇(を想定した書かれた小説)を映画にするにあたっての工夫があんまりなかったな、、、ということになってしまう。

 一方、この映画の中で一番映画的なのは、全く意外なことに中谷美紀演じる「ねね」だ。
 夫の催す夜会を盛り上げるために踊る「田楽踊り」は素晴らしい。単に踊りが素晴らしいだけでなく、「夫のために必死になっている妻」を表現しているのみならず、一方で「田楽踊りを踊るのが楽しくて仕方がない尾張オンナ」すら表現できている。
 やっぱり、中谷美紀も美人すぎてコメディエンヌでしか使えない、そしてコメディエンヌでこそ最も輝くパターンに嵌っちゃったかなぁ、、、
 阿部寛がマジメな役ではちっとも良くなく、コメディリリーフでこそ輝くのと一緒だ。
JUGEMテーマ:映画

at 20:12, 空中禁煙者, 邦画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://adultdoomsday.jugem.jp/trackback/540