smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
profile
recommend
マジックソープ ベビーマイルド 236ml
マジックソープ ベビーマイルド 236ml (JUGEMレビュー »)

中年オトコが石鹸をオススメかよッ!!と言うなかれ。ワタシはコレをガロンボトルで買い込んでます。
映画検索
カスタム検索
  
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
★の数が意味するところ
★★★★★
生涯のベスト10を塗り替える勢い
★★★★
ブルーレイがでたら買うかも
★★★
観といて損はなかったかも
★★
別に観なくてもよかったかも

金はいいから時間返せ
bk1
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 「サイロンの挽歌」 グイン・サーガの挽歌 | main | 「旧約聖書の謎 −隠されたメッセージ」 史実じゃなくてもいいじゃん?と言う立場 >>

「リアル 〜完全なる首長竜の日〜」 黒沢清世界の綾瀬はるか

 佐藤健と綾瀬はるかが出ていて、有名な小説が原作、と聞いただけで、ワタクシ空中さんの心には、ある、先入観が生じるのである。

 「え、、、『るろうに剣心』とか『プリンセス・トヨトミ』みたいの観せられるんちゃうの、、、」

 なんかこういう映画に名前つけたいよね。
 「売れてる原作引っ張ってくりゃ制作費回収出来んだろ?ついでに若いのに人気ある若い役者ツッコミゃボロ儲けじゃね?」みたいな。まあ、ボロ儲けできたかどうかは別として、製作陣の皮算用としては。

 しかし一方で、この映画は黒沢清作品でもある。
 ワタクシ空中さんは、ある時期から黒沢清の、映画におけるストーリーのようなものに対するスタンスが理解できなくなって以来(具体的に言うと「復讐 消えない傷跡」からかもしれない)、あまりいいファンではないのだが、独特の黒澤タッチ、というか、演出法が好きだった。画面からにじみ出る雰囲気とか、人物の動きとか(人物の出し入れではなく、本当の動作のあり方)。

 正直、どっちに転んでいるかという興味で観たのだが、、、

 結論から言うと、両方ある。同居してる。
 但し、同居はしてるが、融合はしてない。真っ二つに別れちゃってる。

 簡単に言っちゃうと、自殺未遂で昏睡状態に陥ったヒトの精神世界に潜り込んで、なぜ自殺したのか、なぜ覚めないのかを探る、と言うハナシ。まあ、「ゴルディアスの結び目」と言うか「サイコダイバー・シリーズ」と言うか、よくあるアレです。
但し、この世界では超能力者必要なく、センシングと呼ばれる技術で機械的に可能になっている。

 そしてこの映画には、二つの仕掛けがあり、ひとつは精神世界に潜る(この世界ではセンシングと呼ばれている)こと自体に関する仕掛けであり、もうひとつは「完全なる首長竜」に関する仕掛けである。そしてこの二つがそれぞれネタバレするまでが、黒沢清っぽさと皮算用映画っぽさに対応してる。

 佐藤健が綾瀬はるかの精神に潜って、自殺の謎を探ろうとする課程の現実崩壊感が、黒沢清っぽくていいのだ。
 マンガに描かれたものが現出するシーンの演出や、予告なくセンシングのシーンになだれ込んでいる構成など、黒沢清にしか出来ない映画的マジックで、「ああ、黒沢清の映画を観ているな、、、」と言う満足感がある。
 謎の少年が現れた辺りで、観客にはネタバレしてしまうのだが、それでも黒沢清映画特有の不安感に満ちた映像で、息を呑んで見つめてしまう。
 さらに、(佐藤健は今後あらゆる種類の映画で活躍するであろうユーティリティの高い役者だが)あのアイドル女優綾瀬はるかが黒沢清世界に取り込まれている、と思うと、なんとなくゾクゾクするようなスリルがある。

 しかし、センシングの件でのネタバレが終わってしまうと、とたんにイケません。「完全なる首長竜」の謎を追いかけるのに汲々としてしまい、普通の皮算用映画(もう、「皮算用映画」っていうことに決めました)になってしまう。
 しかも悪いことに、「首長竜の謎」がなんだか納得行かないのだ。
 「首長竜の絵を描いて封印する」ってどういうこと?絵を描けば首長竜のせいに出来たことになるの?どうもココがよく解らない。要は首長竜を出したいだけではないのか。

 とは言うものの、この首長竜のビジュアルは素晴らしい。日本映画離れしてる。小学生の頃に見たら、トラウマになったかもしれないリアリティ。全身を地上に現した時よりも、崖と岩場の間の水中を、スーッと泳ぎすぎる映像には、急所が縮み上がった。

 結果的に、前半は黒沢清タッチを、後半は首長竜のビジュアルを楽しめる、そこそこコストパフォーマンスの高い映画だったような気もする。

 但し、ラストシーンの病室が、それまでの「先進医療センター」的な病院に見えないのは、黒沢清による第三の仕掛けかなぁという気もするが、そうだったらそれはやっぱり逃げだよね。
JUGEMテーマ:映画

at 19:54, 空中禁煙者, 邦画

comments(1), trackbacks(0), pookmark

comment
通りすがりのツーヤン, 2017/02/14 12:13 AM

この映画の現実世界は最後のシーンと途中に差し込まれた敦美が浩市の手を握っているシーンだけだと解釈すると全てスッキリしました。
センシング中の筈なのに何で普通のベットに横たわっているのだろうとか、最後の少し前で医師が不思議な風と光に包まれるシーンとか説明がつきます。そうセンシング装置とそれを扱う医師がいた世界も浩市の意識の中だったということです。










trackback
url:http://adultdoomsday.jugem.jp/trackback/519