smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
profile
recommend
マジックソープ ベビーマイルド 236ml
マジックソープ ベビーマイルド 236ml (JUGEMレビュー »)

中年オトコが石鹸をオススメかよッ!!と言うなかれ。ワタシはコレをガロンボトルで買い込んでます。
映画検索
カスタム検索
  
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
★の数が意味するところ
★★★★★
生涯のベスト10を塗り替える勢い
★★★★
ブルーレイがでたら買うかも
★★★
観といて損はなかったかも
★★
別に観なくてもよかったかも

金はいいから時間返せ
bk1
new entries
categories
archives
recent comment
  • 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ?
    空中禁煙者 (01/23)
  • 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ?
    nk (01/22)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (07/04)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    台湾人 (07/03)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (07/02)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    台湾人 (07/01)
  • 「ザ・ライト エクソシストの真実」 コレで実話って言われてもなぁ、、、
    空中禁煙者 (06/29)
  • 「ザ・ライト エクソシストの真実」 コレで実話って言われてもなぁ、、、
    通りすがり (06/28)
  • 「ゼロの焦点」 中島みゆきのエンディング・テーマがビックリするくらい浮いている
    通りすがり☆ミ (12/08)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (06/03)
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 「ジャッキー・コーガン」 アレゴリーが読めなくても充分面白いやい!! | main | 「危険なメソッド」 クローネンバーグ好みの実話が、そこにある >>

「クラウド アトラス」 一番エラいのは編集したヒト

 19世紀から文明崩壊の106年後の世界まで、時代も場所も違う6つのストーリーを3時間に収めた映画。

 6つのストーリーを、「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー姉弟と「ザ・バンク/堕ちた巨像」のトム・ティクヴァが、それぞれ3つずつ演出している。
 このやり方が功を奏したのか、手を抜いたエピソードがなく、どれひとつとってもそれなりの中編映画として通用しそう。
 6つのエピソードの時代と舞台を一応挙げておくと、

1.1849年の南太平洋航海中の奴隷売買船
2.1931年のスコットランド
3.1973年のサンフランシスコ
4.2012年のイングランド
5.2144年のネオ・ソウル
6.2321年の文明崩壊後の世界

 となっており、この内1.5.6.がウォシャウスキー姉弟、2.3.4.がトム・ティクヴァの担当らしい。
 コレはつまり特撮の必要なエピソードはウォシャウスキー姉弟、必要ないエピソード(現代に近い)はトム・ティクヴァ、と言うことだろう。まあ、適材適所を考えればそうなるだろう。

 個々のエピソードは前後にゆる〜い繋がりがあり、1.の主人公の日記を2.の主人公が読んでいたり、4.の主人公の自伝の映画化を5.の主人公が観ていたりする。
 さらに、それぞれの時代の全然別の人物として複数回出演している役者が何人もいて、トム・ハンクスとハル・ベリーは全てのエピソードに登場する。
 さらにさらに、ストーリーは全エピソードとも、一応、「圧制者に反逆する個人」を描いたハナシになっている、と言えなくもない。

 しかし極端なことを言うとそんなことはどうでもいい。
 この映画で一番スゴいのは、その編集である。
 各エピソードを誰が演出したのかは判った。
 じゃあ、一体誰が編集したのか、と言いたい。

 この映画には原作があって、原作では各エピソードをそれぞれ二つに分け、1’→2’→3’→4’→5’→6’→6’’→5’’→4’’→3’’→2’’→1’’と並べているだけだ。6’と6’’は繋がってるじゃねーかとお思いだろうが、ココで上下巻が分かれてる、という訳。
  しかるに映画の方はどうであろうか。

 まるで、6つのエピソードが同時に走りだしたようである。
 各エピソードを細分化してエピソード間を縦横無尽に飛び回る(ひとつのエピソード内ではだいたい、時系列順に並んでいる)が、繋ぎ目が魔術的なのだ。
 例えばあるエピソードで銃を撃つと、別のエピソードで弾が当たったりする(当然、撃ったのも当たったのも別人だが)。
 ヒッチコックのジャンプカットは時空をまたいだが、「クラウド・アトラス」のジャンプカットはストーリーすらまたぐ。
 コレこそ映画のマジックであり、映画的興奮というものだ思う。
 同じ役者が別のエピソードに別人として(人種どころか性別すら変わる)出ているのも、映画のマジックのひとつだろう。
 ジム・スタージェスとペ・ドゥナはどの時代でも惹かれ合う。ヒューゴ・ウィーヴィングはいつも悪いヒトである。さて、主役のトム・ハンクスとハル・ベリーはどうだろう、、、みたいな。

 各エピソードが毛色が違っていて(SFもあればサスペンスもあればコメディもある。ボーイズラブすらある)、しかもちゃんとそれぞれちゃんと面白いせいもあるが、全編にわたって張り巡らされたこれら映画のマジックのために、3時間全く飽きることがない。
 いや、3時間驚きの連続と言ってもいいだろう。

 こういう事はあまり言いたくないのだが、正直言って、「ミスター・ノーバディ」のパクリかな、という気もする。
 「ミスター・ノーボディ」観て「ヤラレた!!」と思ったトム・ティクヴァが、似たようなことが出来る原作を見つけて、ウォシャウスキー姉弟を引き込んだ、という気がしないでもない(ちなみに、原作レベルで言うと、ペ・ドゥナちゃんが救世主になる設定は、「エンディミオン」のパクリではないか)。

 でもいいよね。映画はパクリの集成だ。
 これから「複数のエピソードを役者使いまわして行き来する」ってジャンルが成立するかと思うと、なんか楽しみじゃないか!!
 SF界では一番最初にタイムマシンってアイデアで小説を書いたH・G・ウェルズより、「2番目に」タイムマシンを使った小説を書いたヤツのほうがエラいってコトになってる。
 タイムマシンがH・G・ウェルズ固有のアイデアではなく、誰でも使えるアイデアであることを証明したからだ。
JUGEMテーマ:映画

at 20:34, 空中禁煙者, 洋画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://adultdoomsday.jugem.jp/trackback/490