smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
profile
recommend
マジックソープ ベビーマイルド 236ml
マジックソープ ベビーマイルド 236ml (JUGEMレビュー »)

中年オトコが石鹸をオススメかよッ!!と言うなかれ。ワタシはコレをガロンボトルで買い込んでます。
映画検索
カスタム検索
  
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
★の数が意味するところ
★★★★★
生涯のベスト10を塗り替える勢い
★★★★
ブルーレイがでたら買うかも
★★★
観といて損はなかったかも
★★
別に観なくてもよかったかも

金はいいから時間返せ
bk1
new entries
categories
archives
recent comment
  • 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ?
    空中禁煙者 (01/23)
  • 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ?
    nk (01/22)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (07/04)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    台湾人 (07/03)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (07/02)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    台湾人 (07/01)
  • 「ザ・ライト エクソシストの真実」 コレで実話って言われてもなぁ、、、
    空中禁煙者 (06/29)
  • 「ザ・ライト エクソシストの真実」 コレで実話って言われてもなぁ、、、
    通りすがり (06/28)
  • 「ゼロの焦点」 中島みゆきのエンディング・テーマがビックリするくらい浮いている
    通りすがり☆ミ (12/08)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (06/03)
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 「悪の教典」 正しい三池崇史映画 | main | 「のぼうの城」 どちらも映像派なので「共同監督」が巧く機能してない。 >>

「ホントにあった!呪いのビデオ53」 インスタント味噌汁のような安定感

「血だまりの女」
 コレは久々の実在系と言っていいだろう。中村義洋氏も「コレが人間なのか魔界の存在なのかはご自分の目で判断して頂きたい」と言っている。
 白いブラウスに血が滲んでくるとか、血が滲んできているにもかかわらず特に痛がってないとか、シチュエーションが新鮮でなかなか良い。
 ちょっと遠目の存在なのが、岩澤氏が実在系を存在させるテクニックであり、限界なのかもしれない。

「復讐」
 投稿者が高校時代に同級生をイジメていた時の動画が携帯に送られてくる、と言うハナシ。当時撮影してる奴などいなかったし、鏡が写り込んだ時に撮影者が写っていない、と言うのが恐怖映像たる所以なのだが、わざわざ鏡を写している意味が解らない。
 それよりもコレは全編に流れている、なにを言っているのか解らないオトコの低い声を怖がるためのネタだろう。この音声については中村さんも何も触れていない。

「シリーズ監視カメラ 地下駐車場」
 オトコが車に乗り込むときにクルマの正面にオンナの幽霊(足がない)が写っていて、クルマが走りだすとちゃっかり助手席に乗っている、と言うもの。
 フロントウィンドウ越しに監視カメラに映るオンナの顔がブルッブルッと左右にブレるのが、意味がわからないが不気味。

「寝言」
 オトコ四人で部屋飲みの最中、霊の声が聞こえる、と言うハナシだが、そんなことより部屋の押し入れがちょっと開いているのが怖い。
 絶対ここからなんか覗くのだろうとハラハラしていると、あっさりハズされるのが上手いといえば上手い。

「遺された呪いのビデオ」
 遺品整理業者が仕事で入った部屋にあったビデオを持ってきちゃうっていうのが、なんか現代の闇を感じさせる。内容自体は大したこと無い。
 アナログビデオとデジタルビデオはノイズの入り方が違うと思うが、この動画には両方共存してるのが気になった。

「失われた子ども達 中編」
 いかにも中継ぎ的な、調査の回なのだが、調査自体がなかなか面白い。この、行方をくらました関係者を徹底的に追い詰める感じが岩澤氏の個性だろう。
 恐怖映像が全くないのはマズいと思ったのか、無理やり入れてきてるのが、ちょっと余計な感じすらする。
 情報提供者に「付き合ってたんだから住所知らないってことないですよねえ!」と凄んだりする辺りが、ドS演出家岩澤氏の本領発揮。

 U字工事のネタに、
「ウチの奥さん毎朝味噌汁作ってくれるッペよ!こう、チューブからギューっと、、、」
「それインスタントでねーかッ!!」
「なんも問題ないっぺよ!!抜群の安定感だべ!!」
というのがあったが、ほん呪シリーズもココまで来るとインスタント味噌汁化している感じがある。
 インスタント味噌汁は美味しくて何の不満もないが、毎朝(毎回)コレでいいのか、と言う疑問も湧いてくる。
 ほん呪シリーズもココまで毎回安定していると、松江監督時代から坂本監督時代に移行した時に感じたような、爆発力とワクワク感よもう一度、と期待してしまうのだが、贅沢というものだろうか。

 おそらく、ほん呪シリーズの安定を崩してしまうような危険なネタは、「封印映像」シリーズや「闇動画」(実はコレも観てる)に回しているのだろうが。

 まさか、ほん呪シリーズも、飽きられるの覚悟でこのまま安定を続けるか、シリーズ終了の危険を犯してまで危険なネタを扱うか、の端境期に来ている、とでも言うのだろうか、、、
 
JUGEMテーマ:ノンフィクション 

at 19:49, 空中禁煙者, 邦画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。