smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
profile
recommend
マジックソープ ベビーマイルド 236ml
マジックソープ ベビーマイルド 236ml (JUGEMレビュー »)

中年オトコが石鹸をオススメかよッ!!と言うなかれ。ワタシはコレをガロンボトルで買い込んでます。
映画検索
カスタム検索
  
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
★の数が意味するところ
★★★★★
生涯のベスト10を塗り替える勢い
★★★★
ブルーレイがでたら買うかも
★★★
観といて損はなかったかも
★★
別に観なくてもよかったかも

金はいいから時間返せ
bk1
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 「闇夜 警視庁失踪課・高城賢吾」 し、失礼しました、、、 | main | 「トータル・リコール」 筋肉バカは二重スパイの夢をみるか >>

「捜査官X」 雲南省の暴力の歴史

 う〜ん、コレ、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」を観てなかったら傑作だと思ったかもしれないなぁ、、、舞台を前世紀初頭(1917年)の中国雲南省は山間の村に移して、ほぼ、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」と同じことをやってます。

 違うところもある(リメイクじゃないんだから当然だ)。
 最大の違いはタイトルにもなっている捜査官Xの存在だ。「ヒストリー・オブ・バイオレンス」ではヴィゴ・モーテンセンの大活躍がテレビで報道されることによって過去を呼び起こしてしまうが、なにしろテレビのない時代のこととて図らずも金城武演ずる捜査官がテレビの役割を果たしてしまう。

 ヴィゴ・モーテンセンは周囲が茫然とする華麗なアクションで二人組強盗をあっという間に殺戮してのけるが、本作のドニー・イェンは、ただ、強盗のひとりの腰にしがみついているだけで、何故か運良く二人組は死んでくれる。捜査官はこの勝利が実は偶然の産物ではなく、ドニー・イェン演ずるジンシーの「偶然に見せかけた」妙技であることに気づく。

 この時の、「捜査官の想像による格闘の再演」が素晴らしい。
 先ほど見せられたドニー・イェンのカッコ悪いアクションシーンを、捜査官の頭のなかで、ジンシーの交えて再現するのだが、スローモーションやCGを交えた映像が面白く、さらに現実と想像を絶妙に切り返す手腕は見事である。
 恐ろしく映像に凝った作品でもあるのだ。

 全体的に発色を良くしたような、それでいてくすんだような色調(なんて言うの?ああいうの)といい、精密な村のセットや村人の服装(と村のジジババのそれらしいシワだらけの顔)といい、全く手を抜いたところが感じられない。
 ピーター・チャン監督の映画は初見だが、いっつもこんな感じですか?
 「ウォーロード/男たちの戦い」も観ないとアカンかなぁ、、、

 後半は当然ジンシーの正体に気づいた昔の仲間達と、過去を捨てたいジンシーのカンフーバトルになるわけですが、なかなかネチッこくて迫力のあるバトルを見せてくれるものの、ドニー・イェンであること考慮に入れるとイマイチかなぁ、、、
 「イップ・マン」シリーズの大ヒットを受けている訳でもないんだろうが、やっぱり手数の多い詠春拳風のアクションになってますね。

 「S.P.L 狼よ静かに死ね」みたいな真剣勝負を望むのはもう無理なんだろうか。
 せっかくラスボスにホントのヤクザ、ジミー・ウォング御大を引っ張りだしたんだから、、、
 
JUGEMテーマ:映画

at 20:07, 空中禁煙者, アジア

comments(0), trackbacks(1), pookmark

comment









trackback
url:http://adultdoomsday.jugem.jp/trackback/450
電子書籍探検隊, 2013/08/29 9:43 PM

非常に残念なお話ですが、このような方法では、 禁煙することは非常に難しいです。 ...