smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
profile
recommend
マジックソープ ベビーマイルド 236ml
マジックソープ ベビーマイルド 236ml (JUGEMレビュー »)

中年オトコが石鹸をオススメかよッ!!と言うなかれ。ワタシはコレをガロンボトルで買い込んでます。
映画検索
カスタム検索
  
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
★の数が意味するところ
★★★★★
生涯のベスト10を塗り替える勢い
★★★★
ブルーレイがでたら買うかも
★★★
観といて損はなかったかも
★★
別に観なくてもよかったかも

金はいいから時間返せ
bk1
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 「魔界転生」 この頃の千葉ちゃんの深刻ぶった芝居は好きじゃないが、、、 | main | 「ザ・ロード」 鍵かかってる地下室はいつも天国か地獄 >>

「影の軍団 服部半蔵」 青春アメフト忍者アクション(訳分からん、、、

 ついでだから一緒にWOWOWでやっていたコレについても一言。
 
 コレ、後に千葉ちゃん主演で「服部半蔵・影の軍団」って人名とタイトルだけひっくり返して同じ設定のテレビシリーズが延々とあったわけで、どうも最初は千葉ちゃん主演の企画だったのではあるまいか。全体的にすごく中途半端な映画なのね。そういう事情があったとでも思わないと納得できない出来。
 
 先ごろリメイクされた「十三人の刺客」の元を作り、「集団時代劇」などといういい加減なキャッチフレーズを付けられたものの、「光と影の芸術家」などと称されるほど美しく、凝ったカメラワークでシャープなアクションを描くことができる工藤栄一監督作品。
 長く必殺シリーズなどTV時代劇の陰影の深い演出で知られたが、ワタクシ空中さんにとっては、「野獣刑事」「逃れの街」等の現代劇での泥臭いハナシをスタイリッシュな映像で描ききる作品が衝撃だったヒトでもある。
 
 ところがどうもアクションが冴えないのね。まあ、しょうがない。主演が渡瀬恒彦だもん。殺陣のシーンが締まらないこと夥しい。そもそも「アクションが出来る」って前提のヒトじゃないもんね。渡瀬恒彦を責めてもしょうがないんだろう。
 
 この映画は恐らく日本にアメフトなるものが入ってきた頃に作られたんでしょう。伊賀対甲賀の肉弾戦が途中でアメフトになってしまう、というシーンがある。体と体をぶつけ合って戦うだけならまだしも、しまいにゃ「ハット!ハット!」などという掛け声が聞こえるに至っては、もう、笑うしかない。
 
 対立する忍者の頭目、甲賀四郎兵衛役の緒形拳の異形ぶりはさすがだが、ほとんど行動の意味が分からないのはいかがなものか。いや大筋としての行動原理はわかるのだが、意味不明な小ネタを挟みすぎ。なんで全身を石膏で固めて登場するのか、しかもなぜなにもしないうちにその石膏を振り払ってしまうのか。肉弾戦のシーンで全く意味もなく画面を横切るに至っては、もうお、笑わそうとしてるとしか思えない。
 
 まあ、仕方がない、主演に千葉ちゃんを持ってこれなかった時点で、いや、渡瀬恒彦を持って来れた時点で、制作陣は大きく方向転換したのだろう。
 コレは「忍者アクション」の振りをした青春映画なのだ。青春映画なら渡瀬恒彦でもできる。当時36歳だけど。
 
 件の甲賀四郎兵衛の娘(森下愛子。信じがたいほど可憐)と一騎打ちの挙句、デキてしまう(笑)。まあ、レイプされて愛しあってしまうという、今では許されないような展開なわけですが、何分江戸時代のハナシとて、価値観が違うとカンベンしてもらうしかない。
 で、森下愛子を「妻」と呼び、「行かないで」と懇願されても森下の父親の砦に罠と知りつつ赴かねばならぬ、オトコの辛さ、オンナの哀しみがこの映画のテーマになってるわけです。
 別れのシーンの青春映画らしい悲しいBGMのまま砦での集団戦に突入することから考えても、工藤栄一の興味がそこにあるのは間違いない。「青春の別れ」は工藤栄一のもうひとつのテーマなのだ。「逃れの街」の悲しさを観よ!
 
 「魔界転生」の江戸城炎上に比べるとスケールが小さいが、江戸城内の砦一つ陥落させた後の展開が結構長い。
 ただのアクション映画ではない、何かを伝えようとしているのだ。コレはやっぱり千葉ちゃんじゃ無理で、渡瀬恒彦にして初めて可能なエンディングだな、と思う。
JUGEMテーマ:映画

at 19:53, 空中禁煙者, 邦画

comments(1), trackbacks(0), pookmark

comment
オーロウ, 2016/03/31 7:47 PM

初めまして。甲賀四郎兵衛が登場した時 石膏で固めてたのは、火炎攻撃で自分が火傷しないためですかね?
それと もう一つ意味わからないとこあるのが、小六が半蔵の妹を襲った時
途中、小六が変な言葉を言ったと思うのですが あれは何と言ったのでしょうかね












trackback
url:http://adultdoomsday.jugem.jp/trackback/248