smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
profile
recommend
マジックソープ ベビーマイルド 236ml
マジックソープ ベビーマイルド 236ml (JUGEMレビュー »)

中年オトコが石鹸をオススメかよッ!!と言うなかれ。ワタシはコレをガロンボトルで買い込んでます。
映画検索
カスタム検索
  
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
★の数が意味するところ
★★★★★
生涯のベスト10を塗り替える勢い
★★★★
ブルーレイがでたら買うかも
★★★
観といて損はなかったかも
★★
別に観なくてもよかったかも

金はいいから時間返せ
bk1
new entries
categories
archives
recent comment
  • 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ?
    空中禁煙者 (01/23)
  • 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ?
    nk (01/22)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (07/04)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    台湾人 (07/03)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (07/02)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    台湾人 (07/01)
  • 「ザ・ライト エクソシストの真実」 コレで実話って言われてもなぁ、、、
    空中禁煙者 (06/29)
  • 「ザ・ライト エクソシストの真実」 コレで実話って言われてもなぁ、、、
    通りすがり (06/28)
  • 「ゼロの焦点」 中島みゆきのエンディング・テーマがビックリするくらい浮いている
    通りすがり☆ミ (12/08)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (06/03)
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 「ボーン・アルティメイタム」 ヒーローはいつも水に消える | main | 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ? >>

「大帝の剣」 サブジャンルの2乗

 夢枕獏の長らく中断していた小説が再開されたのに合わせて作られた映画。映画作成に至った事情はちゃんと再開された小説のあとがきに書いてある。夢枕獏はとある編集者に「大帝の剣を再開してください」と頼まれたものの、他にいろいろ約束があって取り掛かれる見込みが無い。そこでこうでも言えば諦めるだろうと思い、「映画化でもされたらモチベーションが上がるかも、、、」と言ってみたところ、なんとホントに映画化することになったんだと。で、仕方なく小説を再開せざるを得なくなった、と。

 実を言うとオレは夢枕獏の大ファンなのである。だから小説も読んだし映画も観た。しかしコレはちょっとヒドいのではないか。ここ数年なんとなく「日本映画って小説とかマンガとかテレビドラマのサブジャンルみたいになっちゃったなぁ、、、」と思ってはいたが、ついに一作家のモチベーションの為に作られるところまで落ちたか、と言う感じ。
 もちろん成立の事情がどうだろうと傑作(とまでは言わないが水準作)が出来れば何も文句を言う筋合いは無いが、この出来がまたヒドい。金がかかってそうなところがまた腹が立つ。たった一人の作家のモチベーションの為に大金かけて大のオトナががん首そろえていったいぜんたいナニをしているのかと思う。監督は例によって堤幸彦だ。

 実を言うとオレはテレビの堤幸彦の大ファンなのである。「ケイゾク」の斬新な演出を観た時はは「スゲェ奴が出てきた、、、」と狂喜したものだ。その後の「IWGP」や「TRICK」も面白かった。
 が、なんか映画撮ると急にダメだよね、このヒト。「ケイゾク」や「TRICK」の映画版すらヒドかった。所詮テレビサイズの連続モノで本領を発揮するヒトだと思うのだが、どういうわけか最近は大作話題作に引っ張りだこである。
 つまりは映画が何かのサブジャンルにしか過ぎなくなりつつあることを象徴するヒトなのだろう。小説家やマンガ家においそれと映画撮らせる訳にはいかないからなぁ、、、
 原作のみならず、演出家まで他のジャンルでの人気を当て込まざるを得なくなった訳だ。

おそらく堤幸彦はこの映画化のハナシが来た時に、「この原作で面白い映画にするアイデアがあるか」とか「原作を超える面白い映画になるのか」とか「そもそも映画にする価値があるのか」とか、一切考えてない。金出してくれるヒトがいて脚本が有れば、「あーハイハイ、コレで撮ればいいのね」ってなもんだ。あとは堤流のギャグでも散りばめときゃあ客は喜ぶと思ってる。
 それはテレビ屋の発想だ。
 映画は黙ってりゃタダで各ご家庭に流れてくるもんじゃない(もちろんいつかは流れてくるけど)。金出して時間作ってわざわざ映画館まで行って観るもんだ。少なくともそういう観客を前提に作ってないと映画じゃないだろう。
 原作が完結した時点で(イヤいつになるかわかんないけどさ)、再度の「映画」化を望む。源九郎役は(あまりにもトシ取ってなければ)阿部ちゃんでいいから。
JUGEMテーマ:映画

at 20:23, 空中禁煙者, 邦画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://adultdoomsday.jugem.jp/trackback/135