smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
profile
recommend
マジックソープ ベビーマイルド 236ml
マジックソープ ベビーマイルド 236ml (JUGEMレビュー »)

中年オトコが石鹸をオススメかよッ!!と言うなかれ。ワタシはコレをガロンボトルで買い込んでます。
映画検索
カスタム検索
  
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
★の数が意味するところ
★★★★★
生涯のベスト10を塗り替える勢い
★★★★
ブルーレイがでたら買うかも
★★★
観といて損はなかったかも
★★
別に観なくてもよかったかも

金はいいから時間返せ
bk1
new entries
categories
archives
recent comment
  • 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ?
    空中禁煙者 (01/23)
  • 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ?
    nk (01/22)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (07/04)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    台湾人 (07/03)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (07/02)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    台湾人 (07/01)
  • 「ザ・ライト エクソシストの真実」 コレで実話って言われてもなぁ、、、
    空中禁煙者 (06/29)
  • 「ザ・ライト エクソシストの真実」 コレで実話って言われてもなぁ、、、
    通りすがり (06/28)
  • 「ゼロの焦点」 中島みゆきのエンディング・テーマがビックリするくらい浮いている
    通りすがり☆ミ (12/08)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (06/03)
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 「THE DESCENT」 「イギリス女が地獄めぐりホラー」第二弾 | main | 「ディパーテッド」 リアルにするのとリアリティがあるのは違う >>

「ドリームガールズ 」 エディ・マーフィが脇役!

 この作品最大の欠点は
 「あまりにも傑作を作ろうと必死なのがミエミエでうざい」
コレくらいでしょうか。
 でも、かなりの程度成功してる。キャストも豪華だし(エディ・マーフィとかダニー・グローバーとかジェイミー・フォックスとか、主役級がゾロゾロ出てくる)ほぼ、傑作と言ってもいいような気がするんだけど、、、

 ダイアナ・ロスのいたシュープリームスの栄枯盛衰と、その舞台となったモータウンレコードをモデルにした映画。最近、似たような映画に「Ray / レイ」があった。ジェイミー・フォックスも主役級で出てるし、黒人音楽が白人社会にも受け入れられようと努力するストーリーも一緒。どっちもほぼ実話だし。ただ、こちらはあくまでもモデルであって伝記ではないので、スコアがオリジナル。
 コレがよく出来てる。 真の通に言わせるとやっぱりちょっとモダンすぎるらしいけど。 ブロード・ウェイってやっぱりスゲぇなぁ、、、(元はブロード・ウェイミュージカルなのね)
 エディ・マーフィの大物ミュージシャン役も堂に入ってて驚いた。歌上手いんだねぇ。

 シュープリームスはオンナの子三人組のコーラスグループで、結局、ダイアナ・ロスだけが有名になって、あとの二人はほとんど名前も知られてない。当然、アメリカや黒人社会では二人(メンバーチェンジがあったので三人と言うべきか)も常識なのかもしれないが。
 上手いなぁ、、、と思うのは、オリジナルストーリーでこの三人にダイアナ・ロスのキャラをちょっとづつ振ってること。一人は歌はメチャクチャ上手いがわがまま。一人は歌はそれほどでもないがカワイコちゃん。一人は大物ミュージシャンと出来ちゃう。実はダイアナ・ロス一人がわがままでカワイコちゃんで尻軽なのね(最初に辞めた一人が一番歌が上手かったことはダイアナ・ロスも認めてる)。
 最近名前を聞かなくなったとはいえ、やっぱり大御所ダイアナ・ロスが怖いのかもしれない。性格的なもんもあって(暴れ出したらどんな騒ぎになるか判ったもんじゃない)。結局、ビヨンセのやった「どう見てもダイアナ・ロス」の役はいいとこばっかだもんね。

 もともとブロード・ウェイミュージカルなので舞台っぽい映画かなぁ、、、と思うとさにあらず。映像的にも結構ダイナミック。
 エディ・マーフィ演ずる大物黒人歌手のコーラスにありついた三人。舞台裏でエディとリハーサルしてて、調子が出てくるとグルーッとカメラが廻って、そこはもう満席の客が入ったステージの上、などと言う夢のようなカメラワークがある。
 なんか「Ray / レイ」にも似たような趣向はあったけど、あれは完全カット割ってたもんな。ワンカットでやったのには思わず「おお!」と声が出そうになった。

 スコアもオリジナル、ストーリーも(一応)オリジナルな分、こっちを評価したいけど、やっぱり「Ray / レイ」にはかなわないかなぁと思うのは、クソ甘ったるいラスト(事実はもっと悲惨)と、キャラが多い分散漫になって誰か一人の悲しみを描ききれなかったせいかもしれない。
JUGEMテーマ:映画

at 17:07, 空中禁煙者, 洋画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://adultdoomsday.jugem.jp/trackback/106