smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
profile
recommend
マジックソープ ベビーマイルド 236ml
マジックソープ ベビーマイルド 236ml (JUGEMレビュー »)

中年オトコが石鹸をオススメかよッ!!と言うなかれ。ワタシはコレをガロンボトルで買い込んでます。
映画検索
カスタム検索
  
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
★の数が意味するところ
★★★★★
生涯のベスト10を塗り替える勢い
★★★★
ブルーレイがでたら買うかも
★★★
観といて損はなかったかも
★★
別に観なくてもよかったかも

金はいいから時間返せ
bk1
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

「ほんとにあった!呪いのビデオ 69」 川居さんイジりも大概にしないと辞められちゃうよ、、、

「火葬場」
 だからわざわざ深夜の火葬場(しかも廃墟)に行くなっていうのに、、、

 

 投稿者たちが火葬場を探検中に「別の場所で肝試し中」(バカばっかりなんかコイツの仲間内)から電話がかかってくる、というフックがあるが、たいして利いてない。

 

 で、結局予想どおりのところから、ほぼ予想通りのモノが出てきます。
 撮影者と対象物の間をふさぐ位置に立っていた人物がどくと映り込む、というカメラワークが気になる。
 普通にカメラ振ったら映り込む、でええんちゃうの?
 なんか「鶴田法男風カメラワーク」を誤解してる幽霊がいるような気がする。

「消える」
 だからきちんと分別されていなかったからって、フツーの主婦がゴミ袋開けてわざわざHI-8のビデオテープ再生すんなよ(よく再生できたな)、、、
 んでもって多少変なもんが映ってたからってほん呪製作委員会に送ってくんなよ、、、

 

 とは言うものの、菊池カントク得意の「ヤヴァい系」の映像ではある。

 

 家族四人がちゃぶ台を囲んで正座してキチンと座っている。
 最初はマジメくさって誰も口をきかないが、やがて四人ともゲラゲラ笑い出す(何がおかしくて笑っているのかは全く分からない)。
 そして、笑いながら、ひとり、またひとりと消えていなくなる。
 誰かがいなくなっても残った者はかまわず笑っている。

 

 テープが出されたあたりでは、昔空襲が有っただの老夫婦が立ち退かなかっただの、グダグダ取材を入れているが一切無意味だからヤメレばいいのに。

「砂浜」
 砂浜の砂の上に次々現れる「子供の足跡」が、ホントに砂の上に刻まれているように見えないばかりか、形もヘン。
 それだけ。

 

「シリーズ監視カメラ マンション」
 監視カメラを観る立場にあった投稿者と、映っている少女が幼なじみ、という関係性が、うまく接合しない。
 階段→階上の外廊下、と、徐々に登ってきてる感は良いと思うので、そこを掘り下げればよかったのに、、、

 

「雛人形」
 投稿者の先輩が夫婦(!)で防空壕を探検(よせばいいのに、、、)すると、奥に10段飾りくらいの豪華な雛人形があり、そのお内裏様とお雛様には「首がなかった」。
 その後夫婦は不幸な目に会い、委員会が現地に調査に赴くと、雛飾りはすでになくなっていた、、、

 これだけでいいと思うんだけどな。

 

 なんで余計な「不可解なもの」が映り込んでいないと気がすまないのだろうか。
 まあ、目を見開いて大口開けて覗き込んでくる顔はちょっと面白かったけど。

 

「指輪」
 側溝に指輪を落としてしまったので、側溝の中に自撮り棒でスマホを突っ込んで撮影するハナシ。
 側溝の中の映像より、蓋にある手を入れる用の切掛けから覗く目がリアルで良い。
 コレは多分ほんとにヒトが入ってる。

 

 今回の中ではコレが一番良い。

 

「禁忌」
 今回も、菊池カントクの「探検趣味」が大々的に展開されてはいるが、、、

 要は「ムサカリ絵馬」用写真の撮影を頼まれたカメラマンから、依頼人の名前と住所を聞くわけね。
 で、突撃するわけ。

 まあ、この突撃シーンはどんなヤヴァいシーンが観られるかと期待したんだけどなぁ、、、
 アレで十分ヤヴァい、と判断したんだろうねぇ、、、

 

 突撃するにあたって、くだんの依頼人、平塚家(仮名)の次男の同級生だった、という人物を見つけて、このヒトに協力を頼むのね。
 昔の同級生として平塚家(仮名)に訪ねていって欲しい、その際にスタッフも同級生と言う体で同行させて欲しい、と。
 で、誰が同行するか、の会議。

 

阿草「僕と熊倉くんは一回見られちゃってるんで、、、」
菊池「じゃあ川居さんかぁ」
阿草「え?ん?同級生ですよね?(熊倉に)いくつだっけ?」
熊倉「27です」
阿草「27ですよね、、、、、、、、、、、、、、、、」
川居「(阿草を睨む)」
菊池「無理?」
川居「(阿草を睨む)」
阿草「いえ、あの、、、、、、、、、、、、、、」
川居「(阿草を睨む)」

 

 まあ、笑いどころもないとね。

 結局、最近表に出なかった森澤を引っ張り出して事なきを得ます。

 

 このハナシは結局どういうことだったのかちっとも明かされないんだが、結局、こういうことでしょ?

 

 平塚家には二人の男子がいたが、長男は幼くしてなくなってしまう。
 その後次男は成長して結婚するが、今度は夫婦ふたりして交通事故で亡くなってしまう。
 その後、子供をふたりとも亡くし、精神のバランスを崩した母親は、「長男が隙間から覗いている」と言う妄想にかられる。

 

 つまり、幼くして亡くなった長男の霊魂は、それまで別になんとも思っていなかったが、弟が奥さん連れで冥界にやってきたため、羨ましくなってしまったのだろう。
 そこで、母親にせめて「ムカサリ絵馬」の製作を頼むのである。

 

 まあ、結局、発端となった女性の撮影を依頼に来た「生きているのか死んでいるのか分からないオトコ」の正体は解らないが、長男の死霊、としか解釈しようがないだろう。

 

 「冥婚」だの「ムカサリ絵馬」だの魅力的なネタを繰り出してきた割には尻切れトンボ感が異常。

 

 「禁忌」が着地しそこねたせいで、全体としてハナハダ不調と言わざるを得ない。
 ここ数作にあった「ヤヴァい系の映像」が無いのがイタい。

 まさか、本作で一番ヤヴァいのは川居女史の年増いじりだ、とでも言うのだろうか、、、

JUGEMテーマ:ノンフィクション

at 21:32, 空中禁煙者, 邦画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

「ハードコア」 観る前に酔い止めを飲もう。

 えーっとですね。
 今を去ること1947年に、ですね、「湖中の女」っていう映画が有ったのね。

 

 これが、ですね、世界初の「全編一人称映画」ですよ。
 カメラが主人公の目線になってて、主演のロバート・モンゴメリーは主人公が鏡を見たときくらいしか映らないわけ。
 普通だったら「イヤ監督、主演って聞いてたのに、オレの出番少なくないっすか?」となるところだが、実は監督もロバート・モンゴメリーなんで問題なし、と。

 

 で、「湖中の女」と言えばレイモンド・チャンドラーのフィリップ・マーロウものですよね。
 この時期のいわゆるハードボイルド私立探偵小説は、創始者のダシール・ハメットのコンチネンタル・オプものから、チャンドラーのマーロウもの、ロス・マクドナルドのリュウ・アーチャーものに至るまで、基本的に一人称で書かれている。
「俺は、、、した」というアレである。

 

 ね?
 一人称小説だから一人称カメラ。
 ロバート・モンゴメリーとしては、一人称小説ってこういうことじゃねーの?と言うつもりだったろう。

 

 ところが、ですね。
 このあと、例えばフィリップ・マーロウものも何度か映画化されているが、この手法を取り入れた作品はない。
 ダシール・ハメットでもない。
 ロス・マクドナルドでもない。
 原作が一人称小説だろうがなんだろうが、どんな映画もこの手法を取り入れてはいない。

 

 要はつまんなかったんでしょうね。
 だって、「主人公が映ってない」んだもん。
 ボギーが映ってない「マルタの鷹」を考えてみれば、面白いかどうか分かりそうなもんだ。

 

 で、「ハードコア」ですよ。
 70年ぶりの全編一人称映画です。

 まあ、驚愕の映像体験ですよ。
 70年前とは技術が違う。
 カメラの大きさが違う。

 二階から飛び降りるわ、爆発でふっとばされるわ、一体全体どうやって撮影してるのか、サッパリわからない。

 ストーリーのノンストップぶりといい、アクション、破壊の激しさといい、観ている間それなりに面白い。
 面白いけれど、やっぱりこの手法は定着しないだろうな、と思う。

 

 70年ぶりの「完全一人称映画」と書いたが、実はほぼ同じ手法が20年くらい前にホラー映画で復活している。
 「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」以来のいわゆるPOVと言う奴だ。
 もう、ホラー映画はほとんどこの手法に占領されていると言ってもいい。

 一人称映画とPOVの違いは、一人称映画が一応主人公視点だろうがなんだろうが「完成されたカメラワークである」という前提なのに対し、POVは映画の中で登場人物の一人(つまりシロート)がカメラが持っているという前提が観客に対して明かされている、と言うことだが、それは今はそれほど重要じゃない。

 

 じゃ何が重要かと言うと、「ホラー映画は主人公がカッコよくなくてもいい」と言うことだ。
 コレに対してハードボイルドミステリーの主人公は(そしてアクション映画の主人公も)、カッコよさが絶対条件だということだ。

 

 本作「ハードコア」でどんなに激しいアクションが繰り広げられようと、我々はその主人公の体技や表情がカッコいいかどうか分からない。
 アクションの後どんな見えを切っているのか分からない。
 コレでは観ている間面白くっても心に残るアクション映画にはなりようない。

 

 ストーリーについてちょっと。
 この映画はストーリーもそこそこ面白い。
 ラストのどんでん返しはともかくとして、途中でチョコチョコ姿を変えて神出鬼没の「ジミー」と言うキャラクターの正体など、考えたなぁ、、、と言う感じ。
 ただ、悪のラスボスがサイコキネシスが使える、と言うのが唐突過ぎて意味不明。
 アレ、必要ある?

JUGEMテーマ:映画

at 21:48, 空中禁煙者, 洋画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

「エクス・マキナ」 ほぼ、ソノヤ・ミズノの映画

 世界最大の検索エンジン運営会社に勤めるケイレブは、社内の懸賞に当選して、「誰も会ったことのないカリスマ社長の自宅に一週間招かれる」と言う栄光に浴する。

 

 そんなもんどこが嬉しいのかと思うだろうが、なにしろ「大統領でも会えない」と言われるほどの、天才、カリスマ、大富豪なのだ。

喜び勇んで「ヘリコプターで2時間以上社長の敷地の中」を飛んで大邸宅にたどり着いたケイレブだったが、実は懸賞のハナシはウソで、社長は最初から優秀で若く独身の男性社員であるケイレブを、ある目的のために呼び寄せたのだった。

 

 ある目的とは「チューリングテスト」。
 

 機械をを人間と対話させて、人間が機械と見破るかどうかで、機械がAIになったかどうか見破る、というテストだが、社長が用意したAI、エヴァは顔こそ人間だが、顔面以外は機械丸出しで、人間とは間違えようがない。
 そこで、若い女性型のAIであるエヴァと、ケイレブの間に恋愛感情が芽生えるかどうかで、チューリングテストにしよう、というハナシ。

 

 ね。
 コレは上手いよね。
 ちゃんとリアル目のSFにもなってるし、恋愛映画としても成立する。

 

 で、ここから衝撃のラストまで、脚本はすごくよく出来てると思う。

 AIを巡る哲学的な会話から、社長がAIを作りながら「何故」検索エンジンの会社をやっているかについての衝撃的な事実の開示まで、さすが手練の脚本家だなと思わせる。

 

 しかしですね。
 この映画、ひとつ致命的な誤算があるよね。

 

 社長がハウスメイドとして使ってるエヴァの一つ前のAIであるキョウコの存在である。
 この、キョウコ役のソノヤ・ミズノが美しすぎる。

 

 エヴァ役のアリシア・ヴィキャンデルも、顔面だけ人間であとは機械部分が丸見えの段階では美しいが、皮肉なことに皮膚と髪と服をまとって人間らしい格好になると、「なんかショボいな、、、」という印象。

 

 それに対してソノヤ・ミズノは終始完璧な美しさ。
 さらに、ちょっとだけダンスを踊るシーンが有るのだが、このダンスがまた素晴らしすぎ。
 30秒ほどのシーンだが、最初の2秒で、

「あ!このヒトのダンススゴい!!」
とわかってしまう。

 

 ダンスとはつまり芸術である。
 眼の前で堂々と芸術を創作している奴がいるのに、チューリングテストとはなんとバカな話だろう。
 人間以外の誰に芸術を作れるというのだ。

 

 調べてみると、ソノヤ・ミズノはなんとロイヤル・バレエ学校出身のダンサーであった。
 そらスゴいはずだわ。

 

 せっかくソノヤ・ミズノが出てくれたのだから、ダンスも撮っとこうくらいのつもりで入れたのかもしれないが、ほとんど映画全体をぶち壊す誤算であった。

 

 せめて人間に化けたアリシア・ヴィキャンデルがソノヤ・ミズノを上回る美しさだったら、、、と思わざるを得ない。

JUGEMテーマ:映画

at 01:44, 空中禁煙者, 洋画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

「メッセージ」 「タコ入りばかうけ」が世界を変える

 まず、よくこんなハナシをVFX満載の大予算SF映画にしたな、と思うのである。

 それともイマドキCGのおかげでこの程度はたいした予算をかけずに出来るのであろうか。

 

 原作は有名な短編SF小説だが、コレは非常に形而上学的なハナシであり、小説自体の構成もはなはだメタフィクショナル、というか文章自体がSFのアイデアを表現しているような厄介なハナシなのだ。
 そんなものを映像化してどうするのか、と思う。

 

 全体的に落ち着いた、ある意味暗い、と言ってもいいペースの映画であり、決して原作をバカにする、というか原作のいいところだけパクっちゃえばいいや、というナメた映画化ではないことは十分伝わる。

 

 さらに言えば、ヘプタポッド(宇宙人をこの映画ではこう呼ぶのね)の「文字」を映像化してそれらしく見えているのは、素晴らしいことだと思う。

 決して「原作乗っかり企画」ではなく(そもそも原作自体SFファン以外にはほとんど知られていないだろう)、プロデューサーだか監督だか脚本家の誰かが、

 

「コレは映画にしてもイケる!」

 

という、勝算というか確信があって、映画化しているのだな、という意気込みは伝わる。

 

 多分、この映画の評価は、前半から頻出している主人公と娘との関わりを描くシーンを、大胆と感じるか、訳がわからないと感じるかで、この映画の評価は分かれるのだろう。

 

 ところで、ですね。
 ワタクシ空中さんはこの映画を見て、原作小説の長さと映画化、という問題にもう一度考えさせられましたね。

 通常、(映画サイドから見た場合)長編小説よりも短編小説のほうが、映画化に適している、と思われている。

 長編小説を映画化すると、どうしてもダイジェスト的にならざるを得なく、それよりは短編を脚本家なり監督なりが膨らませたほうが傑作映画になる可能性が高い、というのだ。

 

 しかしこの論理は、もう何十年も短編小説を読むヒトが減り続けており、原作小説のネームバリューを当て込んで映画化しようとすると、どうしても長編小説に頼らざるを得ない、という現象により、ほぼ、無効になっているようでもある。 

 しかし本作の原作は短編であり、その意味では「映画化の原作は短編小説有利」の法則に則っているようにも思える。

 

 しかし本作は、図らずも「短編有利の法則」が、意外にもSFにはあてはまらない場合があることを露呈してしまっているようでもある。

 

 SFの必要条件の一つに、「ストーリーの始まりと終わりでは世界の(人類の)あり様が変わっている」というものがある。
 長編SFでは世界のあり様が徐々に変っていく様か、変わった後の有り様か、その両方が描かれている。
 コレに対して、世界のあり様が変わる瞬間を描いているのが短編SFであると、大雑把に言えば、言える。

 

 本作の原作はまさに「世界のあり様が変わる瞬間」を描いていて、その後に来る大混乱は示唆するにとどめられている。

 

 しかし。
 翻って長編映画で「瞬間を描く」だけ、と言うのは難しい。「世界のあり様」が変わった後の大混乱をも描いた映画と同じ金を払った観客は、物足りなさを感じるかもしれない。

 本作はそこから逃れるために、若干、その後の世界を描いているが、そのせいで逆に「世界のあり様」の変化が、中途半端になってしまっている。
 世界はもっと大混乱に陥るはずなのだ。

 

 それは、「あなたの人生」が変わるだけ「の物語」ではすまないだろう。

JUGEMテーマ:映画

at 23:30, 空中禁煙者, 洋画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

「おじいちゃんはデブゴン」 ユン・ピョウ見せ場無い、、、

 若いヒトには「デブゴン」ってなんだよってハナシだろう。

 

 昔、ブルース・リーに憧れていたサモ・ハンは、ブルース・リー映画へのオマージュに満ちた「燃えよデブゴン」と言う映画を作り、コレが大ヒットしたために、70年代末から80年代初頭にかけて、サモ・ハン主演の映画は全て「燃えよデブゴン なんちゃらかんちゃら」と言う邦題をつけて「放映」されたのだ。

 

 そう、テレビ放映時のハナシではある。
 映画公開時の邦題が違っても、テレビ放映時には「燃えよデブゴン」なのだ。当時のサモ・ハンの人気がうかがい知れる。

 そしてこの映画は、ちょっとだけその頃を知るものの心の琴線に触れる作りになっていたりする。

 

 一人暮らしの孤独なオトコ(実はムチャクチャつおい)が、近所に住む顔見知りの少女のためにアバレる、という、つまりは「レオン」フォーマットのハナシ。

 同じ「レオン」フォーマットの「アジョシ」のウォン・ビンが、自分の仕事のせいで妻が殺される、と言うくらい過去を背負っていたように、サモ・ハンもムッチャクチャ暗い過去を背負っている。
ちょっと、一本の映画の主人公の「過去」としては暗すぎるのではないかというくらい暗い。普通はこれだけで一本の映画にするだろ。

 

 そして、この暗い過去が関係しているのかどうか、サモ・ハン演じる元軍人(要人警護に当たっていた超エリート)ディンは若年性認知症(まだ66歳なので若年性と言っていいだろう)を患い、全ての記憶が曖昧になっていく、と言う設定。

この、サモ・ハンがナニを覚えていてナニを覚えていないのか、が観客にとっても曖昧な設定と、周囲にサモ・ハンに協力的(サモ・ハンの正体を知らないにもかかわらず)な人物を数人配したせいで、映画全体が、なんとなくボンヤリ、フンワリした印象になっている。

 

 そして、この、ボンヤリ、フンワリした雰囲気を、突如サモ・ハンの見せる超絶アクションが春の雷鳴のごとく切り裂く、と言う趣向になっている。

 

 サモ・ハンと言えば、デブのくせに飛ぶ、というのがウリだったが、さすがによる年波には勝てず飛んではいない。
 しかし、元要人警護のプロらしく、接近戦に特化した戦術で、向かってくる敵を関節技でボッキボキにしてしまう。

 その描写の激しさは、「困ったおじいちゃんを描くホームドラマ」だと思って観ていたヒトがいたら、思わずチビってしまうのではないかと思われる程である。

 中国の国境の町にたむろするチンピラだろうと、その背後に控えるロシアン・マフィアだろうと委細構わず骨折りまくって不具者を大量生産していくさまは、さすが老いてもサモ・ハン・キンポーと頭が下がる。

 

 サモ・ハンと心を通わせる少女のどうしょうもないダメ父になんとアンディ・ラウ。
 サモ・ハンのハナシを聴いてやる地元の警察署長にな、な、なんとユン・ピョウ。
 要するにサモ・ハン20年ぶりの監督作品を盛り上げようと皆協力しているのだろう。

 

 なかでもユン・ピョウがほぼワンカットなのに対し、アンディ・ラウは全編に渡ってダメ人間ぶりを晒し続ける。
 よく引き受けたなぁ、、、と思ったが、よく見るとアンディ・ラウは制作にも噛んでいた。

 要はサモ・ハンのために一肌脱いだのだろう。
 アンディ・ラウ、オットコ前だねえ、、、

JUGEMテーマ:映画

at 20:00, 空中禁煙者, アジア

comments(0), trackbacks(0), pookmark