smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
profile
recommend
マジックソープ ベビーマイルド 236ml
マジックソープ ベビーマイルド 236ml (JUGEMレビュー »)

中年オトコが石鹸をオススメかよッ!!と言うなかれ。ワタシはコレをガロンボトルで買い込んでます。
映画検索
カスタム検索
  
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
★の数が意味するところ
★★★★★
生涯のベスト10を塗り替える勢い
★★★★
ブルーレイがでたら買うかも
★★★
観といて損はなかったかも
★★
別に観なくてもよかったかも

金はいいから時間返せ
bk1
new entries
categories
archives
recent comment
  • 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ?
    空中禁煙者 (01/23)
  • 「スパイダーマンTM3」  え?え?TMってナニ?
    nk (01/22)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (07/04)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    台湾人 (07/03)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (07/02)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    台湾人 (07/01)
  • 「ザ・ライト エクソシストの真実」 コレで実話って言われてもなぁ、、、
    空中禁煙者 (06/29)
  • 「ザ・ライト エクソシストの真実」 コレで実話って言われてもなぁ、、、
    通りすがり (06/28)
  • 「ゼロの焦点」 中島みゆきのエンディング・テーマがビックリするくらい浮いている
    通りすがり☆ミ (12/08)
  • 「必殺始末人」 トシちゃん渾身の殺陣が堪能できる
    空中禁煙者 (06/03)
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

「人斬り」後の「女の情念」映画に至る以前の「オトコの情念」映画

「日本映画講義 時代劇編」の復習シリーズ第二弾。

映画史的には五社英雄によるフジテレビ制作劇場用映画シリーズ(「御用金」に続く)第二弾。

そしてワタクシ空中さん的には、「五社英雄のチャンバラ演出について考える」シリーズ第二弾でもある。
「世間では評判がいいらしい五社英雄のチャンバラ演出が、なぜ、ワタクシ空中さんには面白くなく感じるのか」

「人斬り」は一種の「剣豪映画」であって、「御用金」より大量にいわゆる剣豪が出てくる。したがってチャンバラもいっぱいある。五社英雄とチャンバラについて考えるにはうってつけなのである。

で、ですね。
やっぱダメでしたね。
映画としては面白いんだけど、チャンバラだけ取り出すと、全然面白くない。
もう、分かった。
オレと五社演出は合わない。
やっぱ五社英雄って「鬼龍院花子の生涯」のヒトじゃね?
女の情念じゃね?

冒頭から凄惨な惨殺シーンの連続である。
主役である、カツシン演じる岡田以蔵がまだ、ヒトを殺す前、師匠の武市半平太に「まず、見ていろ」、と命じられて同じ土佐勤王党の仲間が土佐藩の重鎮を三人がかりで惨殺するシーン。
あやめも分かたぬ土砂降りのなかで繰り広げられるこのシーンは、確かに迫力がある。恐ろしいと言っても良い。
でも、そういうもんじゃない。

結局、チャンバラって何なんだろう。

多分、五社英雄とワタクシ空中さんでは、「剣豪」という存在の解釈が違うのだろうと思う。
五社英雄にとって剣豪とは、「力が強くて素早いヒト」であるように思える。
要するに身体能力に優れたヒト、だ。

しかしワタクシ空中さんにとって剣豪とは、「剣の修行を積んだヒト」である。
剣の修行を積んだヒトとはつまり「○○流」や「△△流」の型というものが身についているヒトのことで、何らかの洗練の果に編み出された型というものは、自ずとある程度美しい筈、と言うのがワタクシ空中さんの考えなのである。

「日本映画講義 時代劇編」のテーマは、「様式美ばかりが強調された舞のような殺陣が黒澤によって破壊されて以降を扱う」だった。しかし、「様式美ばかりが強調された舞のような殺陣」を否定することは、「剣術」を否定することではなかった筈だ。

「用心棒」の冒頭、有名なジェリー藤尾の腕が「落ちる」シーン。
まさにこの瞬間、チャンバラ映画の歴史が変わったのであり、町山氏や春日氏のいう、様式美が破壊され、チャンバラというものがリアルなものへと変貌した瞬間なのだが、この、ジェリー藤尾の「腕落ち」に至る一連の殺陣の始まり、三船は刀を右手で「逆手」に抜いて振り上げる途中で順手に持ち変えた後、袈裟懸けに切りつけている。コレは現代にまで残る剣術「香取神道流」の型であり、殺陣師の久世竜が香取神道流の師範を呼んで三船を指導させたらしい。ちなみにこの「型」はちゃあんと両方(「用心棒」の当該シーンも香取神道流の型も)Youtubeで確認できる。便利な世の中になったものである。

正直言って三船の冒頭の居合が、伝統ある剣術の型に則っていることなど、あまりに自然で、あまりにも素早いこともあり、映画館で一回観ただけでは気づかないだろう。
でも、そうなのである。
そうでなければならない。
なぜなら、だからこそ美しく、だからこそ恐ろしいのだ(ちなみにワタクシ空中さんが大好きな若山富三郎先生も天真正伝自源流という居合術の有段者だそうです。

ちゃんとした剣術に即した動きから生まれる美しさと恐ろしさ。
コレこそが殺陣の面白さを支えているのであり、チャンバラが、ちゃんと剣術の修行をしたであろう武士たちの戦いである以上、剣術に倣った殺陣を見せることこそが「リアリティ」というものではないのか。剣術に倣った動き=様式美、では無いはずである。
と、言うのが、ワタクシ空中さんのチャンバラ活劇の面白さの解釈なのである。

しかるに、ですね。
五社英雄はここに興味ないよね。

「人斬り」の主人公岡田以蔵を演じるのは勝新太郎である。
カツシンはそういう「剣術に則った華麗な殺陣」が出来るヒトである。イヤ、出来るどころか、「座頭市」シリーズを見れば一目瞭然、当時の名人の一人だろう。

しかし、五社英雄監督はカツシンの名人芸を徹底的に封じて、五社英雄監督の考える「迫力のある殺陣」に拘り続ける。首にあたった刀を、相手の刀が押し返そうとする力に逆らって押し込む、といった、華麗さと無縁な、無骨な、力任せのヒト殺しを強調する。
そう、コレは刀による勝負ではなく、ヒト殺しである。
五社英雄監督には、剣術などというものは生っちょろく、要はヒト殺しじゃねーか、と言いたいかのようである。事実、とっても痛そう。

ただ、岡田以蔵のライバルにして親友、薩摩の人斬り、田中新兵衛をなんと、三島由紀夫が演じていて、流石にこの三島の存在感が五社英雄世界に楔を打ち込んではいる。

この時の三島由紀夫の演技は、以前の役者としての仕事(「からっ風野郎」と「憂国」)に比べて格段に上手くなったと評判だったらしいが、正直、巧いとも魅力的とも思わなかった。
しかし、問題の切腹シーン、の緊張感と動きの華麗さには腰が抜けた。
武市の罠にかけられ、殺人現場から自らの刀が発見されたと聞き、その刀をしげしげと見つめる田中新兵衛。 あっと思うまもなくその刀を抜いて取調べ中に切腹してしまうのだが、全く表情に表さないにもかかわらず、すでに言い逃れが聞かないこと、自らの迂闊さから罠にかけらた絶望を、華麗な動きだけで表現している(ちょっと大げさかな)。
こういう「異物」のせいで、映画全体の深みが増していて、あえて「異物」をそのままにした五社英雄は、懐の深い演出家だったのだな、と思わざるを得ない。

そうだ。
映画「人斬り」のハナシだった。

前作「御用金」のヒットを受けて、前作以上にキャストが豪華。豪華だけど、ごった煮感がすごい。
一応芝居のできる仲代達矢や山本圭、芝居よりも存在感と魅力の裕次郎、とんでもない異物としての三島由紀夫。
これらごった煮なかで、カツシンの巧さだけが際立っている。
カツシンだけが人斬り以蔵を生きている。
裕次郎や仲代はカツシンと組むと自分が損をすることに気づいていただろうか。
カツシンがいると、よほど全体の演技プランをコントロールしないと、カツシンを観るだけの映画になってしまう。
その辺、五社英雄は分かっていたのだろうか。
多分、ラッシュを観て、気づいてはいたが、そのまま「カツシンの映画」にしてしまったのだろう。
五社英雄監督と言えば、後の「女の情念」を描いた映画であり、全体として、コレは「愛してやまなかったオトコに裏切られたオトコの情念」を描いた映画だからだ。
幕末を現代(当時)の世相と重ね合わせた映画のように見せて、実は、愛する一人のオトコに死ぬまで振り回された悲しいオトコの情念を描いた映画だったなぁ、と言うのが、観終わって一番の感想でした、、、

ところで例によって日本版のDVDがなく、フランス製です。
日本用のプレーヤーでは観れないと思います。

JUGEMテーマ:映画

at 00:49, 空中禁煙者, 邦画

comments(0), -, pookmark

「御用金」 日本よりも海外で評価されているらしい

 「日本映画講義 時代劇編」のせいでチャンバラづいてる。
同書で扱われている映画監督中でやや苦手な五社英雄作品。
タイミングよく時代劇専門チャンネルでやっていたの観てみました。

五社英雄が苦手なのは、昔「雲霧仁左衛門」、「闇狩人」「十手舞」(W)などを観たときに、「ああ、このヒト、チャンバラが好きじゃないんだな、、、」と思ったから。
しかし、世の中では五社英雄はチャンバラ描写においてもそれなりに評価されているように思える。
なにしろ出発点からしてテレビ時代劇の「三匹の侍」である。
この時の殺陣にかんして、Wikipediaでは

>刀と刀がぶつかる金属音や、刀を振った時の風の音、人が斬られる時の肉が裂ける音が付けられた。
>映画のようなカメラワークやロケが望めないテレビ時代劇において迫力のある立ち回りを演出するため工夫されたこうした「効果音」の演出は、
>五社が初めて時代劇で編み出したものであった。

となっている。
う〜ん、、、
微妙、、、

コレは殺陣にまつわる「効果音」のハナシであって、殺陣の動きそのものではない。
イキナリ結論めいたことを言ってしまうと、おそらく、刀を使ったアクションには興味があり、そのリアリティや迫力を追求するのには熱心だったが、いわゆる殺陣の美しさや「チャンバラ」の面白さには興味がなかったのではなかろうか。
ココは微妙な違いだが、ワタクシ空中さんにとってはとても重要だったりする。

で、「御用金」ですが。

まず、ストーリーの面白さに感心する。
「御用金」というタイトルから、恐らくは幕府の御用金を盗もうとする側と守ろうとする側の戦いになるのではないか、という予想はあっという間に裏切られる。
ファーストシーンは、5年ぶりに奉公先から海辺の村に戻ってきた娘が、村が完全に無人になっていることを知る、という、はなはだ不穏なもの。
クドい位のカラスの使い方がイヤが上にも不安をかき立てるが、「御用金」となんの関係があるのかはサッパリ分からない。
「ああ、この映画の展開はは通り一遍のありがちなものじゃないぞ」
と思わせるに充分なオープニング。

原作のない映画オリジナルの脚本としては画期的、というか、映画というものがまだなにかのサブジャンルに堕ちる前、娯楽の王様だった時代の残滓を感じさせるではないか(ちょっと大げさかな、、、)。
ちなみにこのストーリーは町山氏の言う通りその後の角川映画「野性の証明」の元ネタだろう。
「野性の証明」はもともと森村誠一氏が角川春樹に請われて映画用に考えたストーリーで、「御用金」のほぼ10年後である。森村誠一氏はマジメな性格なので、もしかすると角川春樹の入れ知恵かな、という気もしないでもない(勝手なこと言ってますが)。

その後のストーリーでも大きな役割を果たす唯一の生き残りの村娘に浅丘ルリ子。
前にも書いたがワタクシ空中さんが物心ついた頃にはお浅丘ルリ子と言えば「やたら頬骨の出たキツそうなオバハン」になっていたが、昔のアキラ映画を見るとこの世のものとも思われないほど可愛さ、まさに人間界に迷い込んだ妖精かと思うほどの可憐さだが、この頃はちょうどその中間点、妖精からキツそうなオバハンへの過渡期であり、ちゃあんと「可憐なキツそうなオバハン」の役になっている。

その後の主人公の仲代達矢の登場シーンに至っても、御用金がどう絡んでくるのか全くわからない。
さらに言えばこの「剣豪が三味線を弾く女芸人と組んで大道芸をしている」という設定は、「必殺仕業人」の中村敦夫のモデルだろう。
イロイロなところに影響を与えている映画なのだな、と思う。
この三味線弾きの女の狂的なノリと、この女の裾を開いてむき出しの膝の上に載せた魚を居合で切ってみせる、という趣向が、いかにもエロとグロでならした五社英雄演出の面目躍如。

このあとも徐々に真相を小出しにしつつ、仲代達矢が江戸から鯖井藩(越前鯖井藩をモデルにした架空の藩)まで旅をする過程でイロイロ起こる展開が巧い。
五社英雄と田坂啓の脚本だがどっちのストーリーなんだろる、、、
普通こういうときは脚本が本業のヒトのオリジナルストーリーで監督は自分の作品用に脚色している場合が多いものだが、このあと五社英雄は原作付きの脚本が多くなるので、やはりストーリーは田坂啓なのだろう。

そして雪の鯖井(ロケ地は下北半島)に近づくにつれ、画面の美しさにも目を奪われる。
ラストの夜の岬で櫓がボンボン燃え盛るなかでの活劇など、炎の照明だけで撮っているのかと思わせる臨場感あふれる、それでいて陰影の深い映像など、なんだかそれだけでドキドキする。

で、肝心のチャンバラですが、、、
せっかくもうひとり剣豪役で萬屋錦ちゃんまで呼んでいるんだが、どうも殺陣の魅力に訴える演出に乏しい。
迫力のある活劇では有るんだが、チャンバラとしては面白くない。
コレが五社英雄なのだろう。

あとコレはあくまでワタクシ空中さんの感想だが、主役が仲代達矢と言うのが、映画としての魅力に乏しい。 なんかもう、辛気臭いだけで、その魅力で映画一本支える、というタイプじゃない気がする。

このハナシも何度も書いている気がするが、俳優さんには人気のあるマネーメイキングスターと演技のうまいアクターがいる。
マネーメイキングスターはクリント・イーストウッドやジャッキー・チェンの様に何を演ってもクリ様、何を演ってもジャッキー、が許されるが、アクターはいつもその役にふさわしい演技をしなければならない。
仲代達矢はアクターのくせに何を演っても仲代達矢、という気がする。

五社英雄はこのあと何本も時代劇を作るが、やがて宮尾登美子三部作のような「女の情念」を描く映画にシフトしていく。
やっぱりそっちが本領だったんだろうな、と思うワタクシ空中さんであった。

ところでこの映画、国内版のDVDがなく、Amazonにはアメリカ版しかない(その名も「GOYOKIN」)。

 リージョンコードが違うので、国内用のDVDプレーヤーでは再生できません
どうなってんの東宝さん。

JUGEMテーマ:映画

at 01:13, 空中禁煙者, 邦画

comments(0), -, pookmark

「四十七人目の男・下」異文化摩擦を楽しもう!

 オープニングはボブ・リー・スワガーの父、アール・スワガーのシーン。
 アールが第二次大戦の英雄だったことはサーガ中で繰り返し語られているが、いきなり「イオー・ジマ」のシーンから始まるので、「アレ?コレ、やっぱり主役はボブ・リーじゃなくてアールなの?」と思う。
 イオー・ジマで日本軍と戦闘中、アールは「自分よりもしたたかな」日本兵に出会い、あっという間に部下を皆殺しにされてしまう。ひとり生き残ったアールは、果たして反撃できるのか、、、
 
 それから60年後。
 突然、隠遁中のボブ・リーのもとに、「アールよりもしたたかな日本兵」の息子が訪ねてくる。
 「もしかすると、お父上から、私の父の軍刀を預かってませんか?」
 
 そして、ボブ・リーはこの軍刀を巡って日本に行き、ヤクザと抗争を繰り広げた挙げ句、「コンドー・イサミ」を名乗るヤクザと一騎打ちせざるを得なくなるのであった、、、
 
 まず、コンドー・イサミという名前がダサい。
 当然新選組の近藤勇に憧れた挙げ句の偽名なのだが、サムライの代表として近藤勇というのはどうなのか。
 新選組限定でもサムライとして尊敬されているのは、トシゾー・ヒジカタかソーシ・オキタではないのか。
 イヤ、やっぱりそれも変かな。
 ブシドーの代表って誰だろう。
 
 宮本武蔵?
 柳生十兵衛?
 
 う〜ん、剣豪と武士道の体現者はまた違うかなぁ、、、
 コレはちょっと意外に難しい問題かもしれない。
 
 さらに、ですね、その「コンドー」は日本のAV業界のボスに雇われているのだが、このボス、なぜか
「白人女教師が日本人生徒をBlowJobするAV」などというものが流通し始めたら、日本のAV業界は壊滅する、と恐れているのである。
 
 そんな事はありません。
 
 事実ある程度それに類するAVメーカーは存在するが、一定数の固定ファンは捕まえているだろうが、大ブームということはない。
 っていうハナシを今の日本のAV事情に詳しいヒトに聞きました、、、
 
 さらにこのボス、AV業界の帝王として君臨し続けるために、「ある事」を目論んでいるのだが、コレがまた納得行かない。
 そんなことを成し遂げたからって、AV業界での尊敬を勝ち取れると思えない。つか、誰も興味ないのではないか。
 
 これらの日本文化に対する違和感を、「シラケる」と思うか、「へー、ガイジンさんからはこう見えるんだ、、、」と思えるかが、本作を楽しめるかどうかの分かれ目だろう。
 ワタクシ空中さんは、ココが(ココも)結構おもしろかったのである。
 
 しかし、スワガー・サーガの1編としては不満が残る出来なのは残念。
 このハナシの主人公は、正直言って、あの、伝説のスナイパー、ボブ・リー・スワガーじゃなくてもいい。家と言ってこのハナシ用に新たに主人公を立てたのでは、売上というものが立たないのだろう。ワタクシ空中さんにしてからが、スワガー・サーガの1編じゃなかったら読まないもんね。
 
 しかし、「伝説のスナイパーがどうやって剣の達人に日本刀の勝負で勝つか」という問題に対して、延々と伏線を張ることで答えたのはさすがだと思った。
 
 まあ、いろいろ書きましたが、最初にも書いたとおり、ワタクシ空中さんはメチャクチャ面白かったのだ。
 なんか、この、現代日本でアメリカ人が時代劇をやる、というメチャクチャな設定を楽しむ余裕があれば、あとはいつもスワガー・サーガだと言えないこともない。
 ね?そう考えると、いつものスワガー・サーガより面白そうな気さえしてこない?

JUGEMテーマ:小説全

at 01:00, 空中禁煙者, 書籍

comments(0), -, pookmark

「四十七人目の男」ハンター先生による「趣味を生かした創作活動」シリーズ第一弾

 「極大射程」以来のレヴューとなるが、スワガー・サーガもずっと読み続けているのである。
 で、今やっとココ。
 ボブ・リー・スワガー主役三作、父親のアール・スワガー主役で三作を経て、七作目。
 ボブ・リー主役の三作は三部作になっていて、最後の「狩のとき」(コレは傑作)でかなり大団円らしい大団円を迎えていたので、多分、スティーヴン・ハンターも終わりにするつもりだったと思われる。
 とは言うものの、世の中には色んな事情というものがあって、ですね、まあ、もう一作ぐらい書いてみっか、と。
 事情といえばお金とか色々考えられますが、最大の理由はスティーヴン・ハンター先生の興味だろう。
 ハンター先生、突然「或るモノ」に激烈な興味を覚え、どうしてもそれで一本書いてみたくなって、旧知のボブ・リーに再登場願った、というところが真相ではないか。
 その「或るモノ」とは、、、、
 
 ズバリ、「サムライ」であります。
 
 実を言うと本作、シリーズの中では甚だ評判が悪い。
 曰く「シリーズ最低の愚作」
 曰く「前半陳腐なヤクザ映画」
 曰く「突出してひどい出来」
 曰く「ばかじゃないの?」
 曰く「日本ナメんな」
 と散々である。
 
 しかし、ですね。
 あえて傑作「狩のとき」をスルーをしたワタクシ空中さんが、なにゆえ本作に限って扱おうと思ったか、というと、ですね、、、
 
 メチャクチャ面白かったからですぅ、、、
 
 本作が不評な理由は主にハンター先生がチャンバラ映画にのめり込むあまり、ボブ・リーを日本に行かせるのみならず、なんと真剣によるチャンバラでケリがつく、という無理筋に挑戦したことが主な、というか唯一の理由だろう。
 
 なるほど本作はチャンバラ映画に対する深い理解と、日本文化に対する大いなる誤解で出来ている。
 しかし。
 そこを飲み込んでしまえば、むしろその誤解をこそ楽しめるのだ。
 もう、楽しも。
 あー、なるほど、ガイジンさんから見ると日本ってこんな感じなのねー、フムフムってなもんである。
 
 一方で新宿の地理などよく調べてあって、ちょっとドキドキする。
 個人的に馴染み深い歌舞伎町の遊歩道が重要なシーンに出てきたりして、臨場感満点。
 そういう、妙に詳しいところと完全に誤解してるところが混在しているところが、全体にチグハグな印象を与えて迫力を削いでいる原因なのだろう。
 
 だけど、ですね。
 コレ、オレたちが日本人だからそう思うんであって、アメリカ人は全然気にならないだろう。
 オレたちだって普段アメリカが舞台のスワガー・サーガ読んでアメリカのことなんか分かっちゃいないのに、分かったフリして読み続けてるんだから、日本が舞台になったときだけ文句言うのは不公平ってもんだろう(そうか?)。
 別にハンター先生だって「正しい日本文化を伝えるために」小説書いてるわけじゃないもんね。

JUGEMテーマ:小説全般

at 21:19, 空中禁煙者, 書籍

comments(0), -, pookmark

「消された女」 韓国映画とヤラセとテレビディレクター

 実話が元になっているという触れ込み。
 韓国映画では「殺人の追憶」「カエル少年失踪殺人事件」と過去二作、実在する事件を題材にとった傑作と出会っているので観てみました。
 
 韓国では本人や公的機関の同意(承認)がなくても家族二人と医師の同意があれば精神病院に強制入院させられるらしい。
 そしてこの制度を利用して家族を勝手に入院させて財産をどうこうしちゃう事件が続発したらしい。
 
 というわけで、この制度を利用したストーリーを作った、ということで、実際にここで描かれているようなストーリーがあったわけではないのではないか。あまりにもストーリーがフィクショナルすぎる。
 
 主演は「韓国の井上和香」ことカン・イェウォンさん。
 前にも「韓国の井上和香」だな、と思った女優さんがいたぞ、と思ったら、WOWWOWでやってた「バッドガイズ」に出てたカンさんだった。
 井上和香のような巨乳ではないが(スタイルは抜群)、演技力は井上和香の100倍くらい。
 「バッドガイズ」のときはちょっとアイドルっぽいヒトなのかな、と思ったが、とんでもない会陰技力の持ち主でした。ゴメンナサイ、、、(そういえば、「世界一ヒトを殴るのが似合う役者」、マ・ドンソクを発見したのもこのTVシリーズだったっけ)。
 実際、この映画はカン・イェウォンさんの演技力がなければ成立しない企画ではないか。
 ラストでそれまでの人格とまるで違う人格を演じてみせるシーンまで、ほとんどカン・イェウォンさんの演技力に鼻面引き回されてるうちに終わってしまう。
 
 女性が不当に精神病院に収容されてしまい、脱出しようと四苦八苦する映画は何故か多い。
 当ブログで扱っただけで「チェンジリング」「エンジェル・ウォーズ」「ザ・ウォード」と三作も有る。
 いずれの場合も収容されるのは女性で、男性が収容(不当に)される映画はない。
 しかも「チェンジリング」は実話。
 なんだろう、コレは。
 内田樹先生の言う「アメリカン・ミソジニー」が韓国にも伝播したのだろうか。
 
 「精神病院に不当に収容される女性映画」
 
 というジャンルについての考察をいつかしてみたい。
 
 ところで、ですね。
 この映画にはもうひとつ、脚本上の瑕疵と言ってもいい考察に値する点がある。
 
 この映画のもうひとりの主人公、映画全体の狂言回しとも言うべき男性の設定だ。
 「敏腕テレビディレクターとしてもてはやされていたが、ヤラセ演出が発覚し左遷され、自らの復権をかけて今回の(映画の題材となっている)事件の真相に迫ることに情熱のすべてを燃やす」
というキャラクターは、「カエル少年失踪殺人事件」と全く一緒ではないか。

 実話を描いた映画でこの共通ぶりはちょっとマズいんじゃなかろうか。
 韓国には明らかにこの「ヤラセ発覚で失墜したTVマンが復権を目指す」という類型に対する共通認識があるのだろう。「消された女 カエル少年失踪殺人事件」でググっても特にこの件に関する指摘は出てこないようである。
 あまりにも当然のことだから、取り立ててヒトビトの意識に上ってこないのだろうか。
 今後もこの「復権を目指すTVマン」が主人公の韓国映画は折りに触れ、登場するのだろうか。
 日本で言えば殴り合いの喧嘩をした中高生男子は親友になる的なアレなのだろうか。
 ちょっと違うだろうか。
 
 今回は
「精神病院に不当に収容される女性映画」

「韓国映画におけるヤラセ発覚ディレクター類型説」
という2つの研究テーマを得ました。
 とても有意義な映画体験だったと思います。
 イヤ、マジで。

JUGEMテーマ:映画

at 22:20, 空中禁煙者, アジア

comments(0), -, pookmark